就職 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > カテゴリー - 就職

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

就活 正社員率は女子が高いことの意味

今春卒業の大学生のうち、正規雇用で就職した割合は、女子が66・4%、男子の57・7%とのデータが読売新聞の調査結果として出ています。

記事中では、「就職活動で女子が男子より現実的な選択をしている傾向」と出ていますが、確かに一生働くという意識で会社を探している人よりも、子供を生むまで働く会社という意識で探している人のほうが、妥協というか幅広く考えられるのはあると思います。
そういう意味でも、今は女性のほうが就職の選択肢が広いというのもあると思います。

注:言うまでもないことだと思いますが、もちろん一生の仕事を探す女性もたくさんいますし、子供を生む生まないも自由です。

就活、女子は現実的選択…正規雇用が男子上回る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00001288-yom-soci
(yahooニュース)

そしてこの調査結果の男女合わせた卒業生の正規雇用率は61・5%で、昨年調査より0・1ポイント下がったとありますが、今年は震災の影響もありますから、さらに下がるかもしれませんね。

ただ少子化は進んでいきますから、長期的に見れば若い人は貴重な訳で、団塊の世代が引退していけば、企業の人員整理も進み、雇用しやすい環境になっていくかもしれません。

もちろん、スマートフォンのような新たな産業分野がもっと出て盛り上がり、若い人の求人が多数出る業界が生まれ、経済が活性化していくのが一番いいんですけどね、各個人にとっても、日本にとっても・・・・
スポンサーサイト
[ 2011/07/06 09:37 ] 就職 | コメント(0)

震災で内定取り消し、281人に

東日本大震災の影響で内定を取り消された学生が、281人、入社時期の繰り下げが1739人と厚生労働省から発表されました。これは今月20日までに判明した分とのことです。
もちろん安易な内定取り消しは許されるべきではないですが、今回のような災害が原因で、企業が存続の危機に追い込まれたときには、新入社員採用どころではないのは理解できます。

配属する場所の復旧見込みも立たない状況ではなおさらでしょう。

来年4月入社の就職活動状況も、より厳しいものになると思います。

復興特需じゃないですけど、特定の業界は仕事が増えると思いますが、多くの企業の決算は厳しい数字になるでしょう。

日本の場合、すでに雇っている正社員を解雇することは難しいので、人件費抑制イコール自然退職者が出ても補充しないという方法になりがちです。

解雇規制のしわ寄せが若い人に来ているんですよね・・・

すでに仕事についている人たちの権利の保護は、これから仕事に付く人たちの機会を奪っていることに等しいわけなので、労働規制を緩和する方向でない多くの正統は、若者に仕事を、とかまったく反対のことをしているくせに言わないでもらいたいですよね。

震災が原因での内定取り消しは仕方ないにしても、そもそも若い人が就職しやすい状況を作ることは政治の責任も大きいと思います。

正社員の解雇要件を緩和し、労働市場を流動化させること意外に、企業が若い人を雇いやすくする方法はないと思いますけども、選挙で投票するのは、まさいその本来の仕事分よりも高給をとっている40代~60代が中心ですから、やらなくてはと思ってはいても、できないのでしょうね・・・・

<東日本大震災>内定取り消し63事業所281人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000107-mai-soci
(yahooニュース)
[ 2011/04/22 23:38 ] 就職 | コメント(0)

震災で内定取り消し 173人に

厚生労働省が東日本大震災の影響で内定を取り消された学生が173人、入社延期が1051人と発表したとのニュースが。景況感が急速に悪化していますから、まだ増えそうですよね。この統計に入っていない学生もいそうですし、入社辞退を迫られるケースも増えるでしょうから。

入社延期というのが学生にとっては判断が難しいですよね。待てば無事入社できるのかどうか。
厳しい就職戦線のなか、やっととった内定という学生さんもいるでしょうから、簡単にあきらめ、次の先を探すという動きになりづらいと思います。入社延期の内訳は、東京420人、宮城169人、福島135人、岩手67人とのこと。

実際に人事部の説明だけでなく、社内で働いている人に今後の見通しを聞いたり、職場を見に行くなど、動いて確認したほうがいいですよね。

いずれにせよ、次の仕事につながるような勉強、就職活動、バイト等に励んだほうがいいと思います。

若いときの時間は特に貴重ですから。

<東日本大震災>内定取り消し計173人に増加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000063-mai-soci
(yahooニュース)
[ 2011/04/08 17:15 ] 就職 | コメント(0)

東北の企業で、新卒の自宅待機増加

東北の企業で、今年の春入社の新入社員を自宅待機とする企業が増えているとう記事が。
内定取り消しもありますが、こういう期間未定の自宅待機ということも行われるのですね・・・
復興、生き残りが最優先なのはわかりますし、企業としては仕方の無い動きなのでしょう。

岩手、宮城、福島の営業所が通常営業に戻ることができる時期は、まだわからないというのはその通りでしょうし、仮に、拠点を閉鎖することになれば、記事本文にあるように、すでに余剰人員をかかえていることになります。

売上も前年より大幅に落ち込む企業が多いでしょうから、新入社員を抱え、研修等を行い、戦力化していく余力が無い企業も多いのでしょうね。

新入社員は自宅待機 各社「復旧を最優先」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000002-khk-l04
(yahooニュース)

東北の企業で、ことし春採用の新入社員を自宅待機とするケースが増えている。被災営業所の復旧を最優先させることなどが理由で、一部の企業は入社時期が1年後にずれ込む可能性を口にする。来春の採用活動の延期を決めた企業も多く、影響は新卒者だけでなく、来春卒業の学生らにも及びそうだ。(以下略)


記事の前半は、東北の中小企業の入社時期延期の話ですが、後半は東北地盤の大手企業の来春の採用活動の休止の話です。

この記事の構成からすると、ある程度大手は、来年の採用から抑えるということは、この4月入社の人員はそのままとるのでしょうかね。

いずれにしても、しばらく厳しい時期が続きますね・・・・
[ 2011/03/28 09:18 ] 就職 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。