マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > アーカイブ - 2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

auがソフトバンク批判CM、スマートフォンは競争激化ですね・・・

KDDI(au)が自社のAndroidスマートフォンのCMで、オモシロおかしくソフトバンクを批判しているとの記事が。
4種利のCMは「電波の繋がらないスマートフォンはねえ」とソフトバンクの問題点を指摘している。

auがソフトバンク批判CM お父さん犬や電波の悪さを指摘
http://netallica.yahoo.co.jp/news/166192

ほかにもiPhoneでは閲覧できない、Flashをアンドロイド端末では見ることができるのを強調したりと久々に見る比較広告となっています。

日本でも昔ゲーム業界とかではネタとしてありましたけど、携帯キャリアのような超大手が仕掛けるのは珍しいですね。しかもソフトバンクがやるならわかるんですけど、AUがやるとは。

むしろそこまで追い詰められているということなんですかね。

記事にもありますが、どうせなら、ドコモに噛み付いて欲しかったですね。

スマートフォンの競争は、ここでしばらくキャリアとしての優劣がつく主戦場なので、どこもPRに必死ですよね。

アンドロイド端末、確かにいいと思いますけども、他キャリアからAuに乗り換えるようなインパクトはないというのが正直な印象です。
どこのキャリアからも出ますしね。

そういう意味では、いままでAUのユーザーでスマートフォンに切り替える人、他キャリアに流れていた流出分を止めるという効果にとどまっているのが現状だと思うので、CMでは積極的にソフトバンクでiPhoneを使っているユーザーに狙いをさだめ、取っていこうという姿勢なんでしょうね。

キャリア間の競争はいっそう激しくなるでしょうから、今後の展開が楽しみですね^^
スポンサーサイト
[ 2011/01/31 15:51 ] 経済ニュース | コメント(0)

エジプト衝突 大国の騒乱、世界が戸惑い

アラブ最大の人口を要するエジプトの不安定化が、混乱を招いていますね。
ずっと新米の独裁政権だったところが、民主化する過程で必要な痛み、混乱なのかもしれませんんけども、平和的に着地してもらいたいところですね。

エジプト衝突 大国の騒乱、世界が戸惑い デモ飛び火警戒
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110131-00000109-san-int
(産経新聞 yahooニュース)

確かに他の中東諸国への波及や、イスラエル問題、世界の情勢を緊迫化させる要素がつまっていますから、注目を集め、そして警戒するのは当然ですよね。

今まで欧米が行ってきた中東政策のつけがまわってきているようであり、その原因のひとつが、ネット(FacebookやTwitter)というのも、また皮肉です。

やはりもう情報統制による、独裁国家の運営というのは、限界にきていますよね。
これだけグローバルな社会になってきて、海外からいろんなもの、人、情報が入ってきて、同じように人も外に出ていくわけですから。

そういう意味では、中東の次は中国、ということなのでしょうか。

エジプトというキーワードでもう検索できないそうですね。すごいスピーディな反応と対応です。

それだけ民主化活動が広がるということを、警戒しているということなのでしょうね・・・・
[ 2011/01/31 10:35 ] 経済ニュース | コメント(0)

投資家ジム・ロジャーズ氏が警告 「5年後には日本株に投資しないかも」

著名投資家ジム・ロジャーズ氏が、元大蔵省(現財務省)財務官の榊原英資氏との講演会でタイトルの発言したとのニュースですが、本文をよく読むと、米ドルが弱くなり日本円が強くなるとか、今足元の日本に対しては割と強気な見方をしているようです。

「5年後には日本株に投資しないかも」投資家ジム・ロジャーズ氏が警告 
(産経新聞 yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000534-san-bus_all

見出しだけ見ると、日本もうダメだという印象ですが、本文はそうではないので、ちょっとミスリードですかね。
ただ、長期的に見ると、やはり日本の人口が減少する一方で、外国人労働者の受け入れは進展していないため、成長率が鈍化して財政赤字が増加するため、「このままでは5年、10年後に日本の株式に投資しているかは疑わしい」という発言につながった模様。
まあそれはそうですよね。少子高齢化が進展して、経済が活性化するというのは厳しいですからね。

榊原氏は、先日のS&Pが日本国債の格下げを行ったことに対し、いま日本の格付けが下がるのはおかしいと発言。
こちらも擁護的でしたね。

まあ投資顧問業者が主催の講演会ですから、気を使った範囲での2人の発言なのでしょうけどもね・・・
[ 2011/01/31 08:50 ] 株式関連 | コメント(0)

<就活>短期集中か「じっくり」か 先送り、賛否二分

就職活動について、毎日新聞は12年春卒業予定の大学生ら100人にアンケート結果を発表していますね。
記事を読むと、まあいろいろ賛否両論あるね、という論調なのですが、気になったのはアンケート対象。

<就活>短期集中か「じっくり」か 先送り、賛否二分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000007-mai-soci

大阪市西区の京セラドーム大阪で開かれた合同企業説明会に出席した2012年春卒業予定の西日本の大学生、院生、専門学校生100人を対象という記載があるのですが、この調査対象はどうなんでしょう。

合同説明会にこの時期に行くと言う学生は、業種もしぼれていなく、この時期にめどもついていないという、いわば就職活動においては相当出遅れている人が多いわけです。もう3年も終わる時期なわけですからね。

そこでの100人の意見をさも大学生の代表のように取り上げるのは、おかしいですよね、どう考えても。

就職氷河期と言われてようが、志望業種・企業もはっきりきまっていて、ちゃんと準備をしてきている学生は、ほとんどのケースで普通に決まります。

そもそも高校生のときに大学選びの段階で、自分の志望する可能性のある業界にいけるレベルの大学にいっておかなければいけないですし、英語にしろ何にしろ、自分が入るのに必要なスキルを見に付け、先輩の話を聞き、ちゃんと自分の性格にあったカルチャーの会社であるかも分析し・・・と活動していればですけどもね。

そういう意味で、合同説明会、というようなものにこの時期に行く人は、ほぼそれらができていない人なわけですから、就職なかなか決まらないのも当然ですし、開始が遅くなると、決まるか不安、というような回答が出てきてもおかしくないわけです。

普通に準備している学生は、「いつでもいいよ」が本音じゃないでしょうか。
しいていえば、短期留学とか、ほかのことに邪魔なので、短期間にして欲しいと思っているでしょう。

*ちなみに、毎日新聞の報道姿勢が気になると思っているだけで、就活に頑張っているのに就職が決まらない学生さんを非難するような意図はありません。

[ 2011/01/30 13:22 ] 経済ニュース | コメント(0)

.マイクロソフト「一人負け」…米IT大手決算

米国の主要IT企業6社の決算、勝ち負けがはっきりしましたね。
マイクロソフトだけが減益とのこと。

マイクロソフト「一人負け」…米IT大手決算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110129-00000125-yom-bus_all

アップル、アマゾン、インテル、グーグルの4社は、四半期として売上高、純利益とも過去最高を更新とのこと。
すごいですね^^

ヤフーは純利益は倍増したものの、売り上げ辞退は減少。

しかし米国のIT企業は元気がいいですね。

スマートフォン、ネット関連はまだまだ元気に成長中ですね。

もうあれだけ大手になっているのに、ちゃんと成長戦略があり、いまだ拡大しているというのは立派です。

日本のネットバブルの頃のベンチャーのように、業績がついてこない、IPO時についた株価がピーク、等ということの対極にいる気がします。

日本でも、DeNAや楽天、Greeのように元気なところもありますが、SNS関連、ソーシャルアプリ関連は今後どうなるかわかりませんよね。

クーポンビジネスは早くも怪しい雲行きですし。

日本でもネット業界を牽引し、波及効果で他の企業群まで業績がよくなるようなインパクトのある企業に出てきてもらいたいですね^^
[ 2011/01/29 21:37 ] 経済ニュース | コメント(0)

国債格下げが、増税への催促とは・・・ 

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本国債格下げに踏み切った背景には、菅直人政権に対する不信感とのこと。今回の格下げで、与謝野馨経済財政担当相は「格下げは消費税増税を早くやりなさいという催促だ」と「外圧」を世論誘導にうまく使おうという姿勢を見せているようですね。

国債格下げ 迫られる財政再建 経財相「増税への催促」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110128-00000005-maip-bus_all
(毎日新聞  yahooニュースより)

実際に消費税をただ上げればいいというものではないと思いますが、政府に何の実行力もない、一貫したスタンスがない、ということが問題なのでしょう。

景気対策にドンと使う、消費税を増税して、基礎的財政収支を黒字化する、等どう動くにせよ、それなりのロジックを用意し、関係者を説得し、ある程度国民の理解も得てやる、という実行力がない、ということなのでしょうね。

ムーディーズなどほかの格付け会社にも格下げの動きは広がるんでしょうね、国債に関して明るいニュースはありませんからね。

しかしこれだけの額が国の借金として定着していて、それでもまだ新規に国債を発行できる国って、そうないですよね。引き受ける日本国内の個人、会社がおめでたいのか、ボケているのか、国としての潜在力がすごいのかどうなのか、はたして・・・
[ 2011/01/28 09:40 ] 経済ニュース | コメント(0)

日航、12年度採用見送り

会社更生手続き中の日本航空が2012年度の新卒採用を見送るとのニュースが。正社員の解雇には規制がかかるため、新卒の採用をなくすことによる実質人員削減なのですが、日本航空に限った話ではないのですが、こういうやり方で本当にいいんですかね・・・

日航、12年度採用見送り=合理化優先で2年連続
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110128-00000015-jij-bus_all
(時事通信 yahooニュース)

11年度も採用を中止しており、2年連続で採用ゼロとのこと。確かに人員削減で主に高年齢の社員を早期退職や整理解雇の対象としたため、定年退職者数も減る見通しだというのはわかります。

ただ、その年代の人員構成が0になるわけで、将来いびつになるわけですよね。

それにその年代の学生が、JALに入社するチャンスを0にしてしまうわけですからね。

日本航空を志望していた学生にとっては、フェアじゃないと感じるでしょう。

生まれるのが1,2年違うだけで、日本の大手航空会社でパイロットや客室乗務員になるチャンスがガラっと違うわけですから。

もっとたくさんの企業がある業界ならそれほどインパクトないですけど、こういう企業はある種、その業種を志望していたら受けざるをえないというぐらい、選択肢がないわけですから。

なので余計感じます。

今の正社員を守ることで、正社員になれない年代を作ることは、本当に正しいことですか?



[ 2011/01/28 07:10 ] 経済ニュース | コメント(0)

米格付け会社、日本国債を格下げで、円安に動きましたね・・

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズが27日、日本国債の長期格付けを「AA」から「AAマイナス」に引き下げたとのニュースにより、ドンと円安に動きましたね。思っていたよりは変動幅は小さいですが、これからジワジワ効いてくるかもしれません。

米格付け会社、日本国債を格下げ=「AA」から「AAマイナス」に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000096-jij-bus_all
(時事通信  yahooニュース)

というのも、日本国債はそのほとんどが国内で消化されているとはいえ、一部は海外も買っているわけです。
その動きは鈍るでしょう。

そして個人向け国債もちょうど満期が来ている分がありますが、手数料もそれほど取れないこともあり、国内の銀行は、以前ほど積極的に販売しないでしょう。

前回があまりに特殊な事情だったので、こちらの姿が健全だと思いますが。

こういうニュースや、先日の1000兆円に近づいたニュース等の積み重ねで、市場関係者が、いつその日が来るのか、と疑心暗鬼になれば、ますます国債の引き受け手はいなくなります。

ということもあり、円が急落したわけですからね。

S&P、日本国債を格下げ 「一貫戦略欠く」と不安視
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000580-san-bus_all

たしかに政府が戦略に欠けていますし、格下げは妥当だと思います。
そういう意味では、もう少し円安は進むかもしれませんね・・・
[ 2011/01/27 18:11 ] FX関連 | コメント(0)

国の借金、最大の997兆円に! 

国債や借入金などを合計した「国の借金」が2011年度末見込みで、過去最大の997兆7098億円に到達とのニュースが。国内の金融資産が1400兆とか言われていますけど、国債の消化はほとんど国内なので、もう少しで限界点に達していますね・・・

国の借金、最大の997兆円=国民1人783万円―11年度末見込み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110126-00000136-jij-pol
(時事通信  yahooニュースより)

11年度予算案での新規国債発行額が44兆2980億円とのことなので、借金が雪だるま式に増え続ける財政の危機的状況は明らかです。

もう増税しかない、というムードをもりあげるためのメディア操作という一面はあるにせよ、厳しい水準まできていますし、国債の引き受けてがなくなれば、一気にインフレになり、年金生活者は厳しい状況になりますよね。

もちろんこういう事態になれば、急速に円の価値が暴落し、円安になりますから日本の輸出競争力は一気に回復し、暴落は止まると思いますが、インフレの幅がどれぐらいかで、国民の痛みが変わりますよね。

実際に働いている世代にとっては、いまのようないびつな構造が続くよりは、ある程度インフレにして、いまの年金受給者が実質的に需給減額になり、国の借金の額も、なんとなるレベルになるほうが、ましな気もしますけどもね・・・
このままずるずると沈んでつらい期間が長いよりは、1~2年、苦しい思いをしてその後復活するほうが。

消費税増税のムードですけども、やらなきゃいけないですけど、いまやれば消費がさらに後退し、増税により得られる税収も、見込みよりも大幅に下回る可能性もありますよね。

その場合には、消費税の増税余地が減った、ということでまた海外から売り浴びせられるかもしれませんね・・・

個人としてはどう動けばいいのか、難しいところですが、どこの国ででも働けるスキルを身に着ける、外貨建て資産にある程度分散させる、というあたりでしょうか。
[ 2011/01/27 10:20 ] 経済ニュース | コメント(0)

米財務省がシティワラント売却

財務省は26日、シティ<C.N>の新株引受権(ワラント)売却で3億1221万ドルを取得する見通しを明らかにしたとのニュースが。米国の金融危機は、これでひとくぎりといった感じですね。財務省がシティを直接保有しているという状態は緊急避難的なものでしたからね。

米財務省がシティワラント売却で3.1億ドル取得へ、直接保有終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000165-reu-bus_all
(ロイター yahooニュースより)

ワラントの応札も、最低応札価格を結構上回ったようなので、市場の目も、金融危機は一段落したとの評価なのでしょう。

日本ではいなくなってしまったといってもいい存在感の薄さになってしまいましたが、超大手金融機関ですからね。

昔は私も良く使っていました。海外に行くことも多かったので、トラベラーズチェックの発行手数料無料とか、外貨預金の手軽さとか、そういう細かいところで使いかってが都銀よりもいいと思った時期があったので。

2~3年は使っていたんですけど、その後ネットバンク系もサービスが充実しましたし、メガバンクも以前よりは良くなりましたし他の銀行に移動し、口座は閉じちゃってました。
今は超低金利なのであまり銀行にお金を入れておく習慣がないので、給料振込みとカード引き落とし意外の用途には使っていませんけどもね・・・
[ 2011/01/27 08:48 ] 経済ニュース | コメント(0)

米大統領、クリーンエネルギー電力の促進へ

オバマ米大統領は、一般教書演説でクリーンエネルギー推進を表明とのニュースが。
石油会社向けの税優遇措置廃止とは、ずい分踏み込みましたね。業界からは相当な圧力がかかるんじゃないでしょうか。可能なんですかね、そういうところを敵にまわすって。

米大統領、クリーンエネルギー電力の促進へ=一般教書演説草稿
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110126-00000009-reu-bus_all
(ロイター yahooニュース)

確かにクリーンエネルギーの推進というのは、環境にもプラスですし、国際社会で尊敬を得るのにもプラスですし、何より新技術の開発を行い、次世代環境技術でアドバンテージを持てば、輸出面でもプラスです。

オバマ政権の環境関連評議会の議長を務めるナンシー・サトレー氏の発言からも、大統領が今後の景気対策もかねて、環境エネルギーは重点的に推進していく、というのがよくわかります。

米大統領一般教書演説、クリーンエネルギー推進を表明へ=政権高官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110126-00000980-reu-bus_all

日本もこういう動きには負けていられないですよね。

こういう技術開発でこそ、資源の無い、人しかいない、大手メーカーが数多くある日本の進むべき道です。

日本の景気対策も、環境エネルギーに重点投資していいと思うんですけどね、道路とか作ったり、農家にばらまいたりしないで・・・
[ 2011/01/26 11:17 ] 経済ニュース | コメント(0)

サイバーエージェントとミクシィ、mixiアプリ開発会社設立

サイバーエージェントとミクシィが、mixi向けのソーシャルアプリを開発する新会社を、設立するとのニュースが。携帯電話向けのmixiアプリを開発する企業で、初年度に5億円の売り上げを目指すとのこと。

サイバーエージェントとミクシィ、mixiアプリ開発会社設立
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000058-zdn_n-inet
(ITmedia News yahooニュースより)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/25/news017.html

 サイバーエージェントは様々な事業部、子会社でソーシャルアプリを開発していますよね。
社内競合したとしても、各事業部子会社が自由に動けることによって生み出されるスピード感が大切な分野だから、と藤田社長のブログでも語られてましたしね。

 ミクシィも「mixiファンド」経由で、mixiアプリを開発するベンチャー企業に出資は行ってきていましたけど、こういう形での合弁は珍しいですよね。元々サイバーエージェントはMixiの株主でもありましたら、親密先というか、良好な関係が続いていたからこその合弁なのでしょうね。

 ヒットするソーシャルアプリは、会社自体よりも、人に依存すると思いますが、過去にヒットを出した人間が、またヒットを打てるかどうか、というのは別問題だと思います。

 ただサイバーエージェントのように、スピーディに数打つ戦略は、その中からヒット、ホームランがうまれる可能性を上げることにはつながっていくと思いますし、徐々に花をさかせはじめていると思いますから、この分野ではいいポジションにいると感じています。
[ 2011/01/26 09:18 ] 経済ニュース | コメント(0)

林原が事業再生ADRを申請

 甘味料トレハロースの開発で有名なバイオ関連企業「林原(はやしばら)」が私的整理の一種「事業再生ADR」を民間の第三者機関に申請し、受理されたとのニュースが。苦境の原因は多角化の投資とのこと。

<林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫 (毎日新聞 yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110126-00000012-mai-bus_all

 多角化の内容は、抗がん剤インターフェロンの製造、恐竜の化石調査などとのことです。
 負債総額は1000億円程度。

 広報担当者は毎日新聞の取材に「私的整理を進めているのは事実だ」と話した。

 事業再生ADRは第三者の仲介により、債権者と債務者が話し合いで事業再生計画を作成する再建方法で、会社更生法などの法的整理と比較し、手続き期間が短いのがメリット。

 林原グループは、1883年に水あめ製造業「林原商店」として岡山市で創業した老舗なんですね・・・
日本は、普通にこういう1800年代創業の企業が残っていますよね。
しかも林原の場合は、トレハロースを作る酵素を発見したのが1994年とのことですから、事業を変え、変化に対応してきたほうの企業だと思います。
多角化を行ってきる企業なので、医薬品や食品の原料製造のほか、レストランやホテル経営まで手がけているとのことなので、うまくいっていない事業の比率が増えてきたのでしょうね。

 新規事業の投資、期待リターンのシミュレーションが甘かったんですかね、国の有料道路を建設する際の通行料シミュレーションみたいに・・・

[ 2011/01/26 08:47 ] 経済ニュース | コメント(0)

シャープが台湾 AUO を米国で提訴

シャープが、米国国際貿易委員会(ITC)で、台湾の AU Optronics (AUO)とその顧客である液晶テレビならびに液晶モニターのセットメーカーを提訴、同時にAUO を、デラウエア州地方裁判所にも提訴したとのニュースが

シャープ、台湾液晶ディスプレイメーカー AUO を米国で提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000005-inet-inet

対象となる液晶関連特許は7件ということですが、製造プロセスですかね、製品構造ですかね。

台湾の製造メーカーは、基本的には製造ラインは、すでに日本メーカーが製造プロセスとして確立した工程をそのまま使っていることも多く、その製造プロセスは工夫と特許のかたまりですからね元々が・・・

定年になった日本の技術者や、リストラになった技術者、あるいは昔は週末の高額アルバイト等をもちかけ、ノウハウ、製造技術をとりこんでいったわけですからね。

今回の提訴は、それが目に余るということへの対処なのでしょう。

顧客の液晶テレビメーカーも提訴相手に含まれているところも、ポイントですね。

こういうケースは、相手の顧客も巻き込まないと、実質的なダメージを与えられないのでしょうね。

国益という観点からしても、せっかく確立した技術が、海外でこういう形で使われるのは防がないといけないわけですから、1メーカーにまかせるわけではなく、相手が明らかに悪質なケースでは、何らかのサポートを行うぐらいのスタンスが必要ですよね、国としても。
[ 2011/01/26 01:01 ] 経済ニュース | コメント(0)

書籍販売、過去20数年で最低…雑誌も低迷

2010年の紙の出版物の推定販売額が1兆8748億円で、21年ぶりに2兆円台を割り込んだ2009年をさらに下回ったことが出版科学研究所の調べで分かったとのニュースが。

書籍販売、過去20数年で最低…雑誌も低迷 (yahooニュース 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000349-yom-soci

 「電子書籍元年」と言われた昨年、雑誌の休刊は216点と過去2番目に多く、そして書籍は岩崎夏海著「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」や村上春樹著「1Q84 BOOK3」などの大ヒットがあったものの、3.3%減とのこと。

 電子書籍もそうですけど、電車の中やちょっとした時間つぶしに雑誌を読んでいた層が、携帯アプリや、ネットでブログを読んでいたりと、時間の過ごし方の変化が大きいのでしょうね。

 確かに私も雑誌も本も読みますが、ちょっとした調べ物はネットのほうが早いですし、速報性も高いですから。

そういう意味では、雑誌の記事、本を書く書き手の技量が問われますよね。
一般のブロガーや、ネットメディアの記事は、無料で手軽に読めるわけですから、明確な差がないと、お金を使ってまで買ってもらえなくなると思います。

出版社が、電子書籍の分野に参入していますが、編集の部分で、人の質という意味で、明確な付加価値がないと、力のある作家さんは、中抜きに走るでしょうね。

実際村上さんなんかはもうそういう動きに出ていますしね。

今後、書籍、出版の分野はどうなっていくんですかね・・・

グーグルのようなところが絡んできて、さらに外圧で影響を受けるかもしれませんし、なかなか先が読めない分野でありますが、紙の雑誌、書籍の販売数だけは、確実に減っていくでしょうね、これからも。
[ 2011/01/25 18:26 ] 経済ニュース | コメント(0)

NECなど電機各社が外国人採用強化

電機メーカー各社が新卒採用で外国人の比率を高めているとの記事が。
ここ数年の間、特に中国やインドなどが急速な経済発展を遂げる中で、アジアの人材を求める動きが加速しているとのこと。

NECなど電機各社が外国人採用強化 (サンケイビジネスアイ yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110124-00000007-fsi-bus_all

ソニーは日本の新卒採用に占める外国人の割合を2012年春には30%(70人程度)
NECは2012年春の採用から新卒者に占める外国人の比率を従来の2倍の10%に
日立製作所は2012年春に外国人の新卒採用を11年度の2倍以上となる10%。
パナソニックはすでに国内の新卒採用に関しては国籍や男女の区別をなくしており、海外では今春、前年比5割増となる1100人の外国人を採用する計画。これは日本国内の新卒採用予定者の4倍弱とのことです。

確かに、アジアで本格展開し、各国の製品ニーズをくみ上げるマーケティング(市場調査)や販路開拓、海外企業との交渉等、留学生、外国人が活躍するフィールドは増えていますし、売上の大半が海外の企業で将来の幹部候補が日本人ばかりというのは、明らかに変ですしね。

日本の大学を卒業する日本人には、ますます新卒の就職状況は厳しくなっていくでしょうね。

ユニクロや楽天のような小売、ネット系だけではなく、製造業もこういう流れになってきているわけですからね。

今後、採用した外国人が部下を指導する立場にまで多数育ったときには、もっと比率を増やせるでしょうしね。

受け入れ側も慣れてくるでしょうから。

今後、日本の学生には、どんどん外に出てもらって経験をつみ、また中途採用で日本に戻ってくるようなケースも徐々に増えてくるかもしれませんね。今のままでは、決定的に国際感覚がやしなわれないですからね、日本国内の環境では。
[ 2011/01/25 13:18 ] 経済ニュース | コメント(0)

米インテル、15%増配と100億ドル自社株追加買い戻しへ

米半導体大手インテル<INTC.O>は、15%の増配と100億ドルの自社株追加買い戻しのニュースが。
インテルの業績が好調だと、米景気が戻ってくる感じがしますよね。この四半期決算で、純利益が48%増の34億ドルとアナリスト予想を10%程度上回ったとのこと。

米インテル、15%増配と100億ドル自社株追加買い戻しへ (yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000675-reu-bus_all

 記事中のオッテリーニ最高経営責任者(CEO)は、「今回の発表は、足元および先行きの基本経営戦略に対する自信の表れである」とコメントとのことで、今後の見通しも明るそうですね。

 インテルが業績が良いということは、チップの納入先の製品が売れ始めているということで、また製造装置にも明るい兆しが出てくるという意味では、指標としてわかりやすいかなと。

 もちろんアップルとかFacebookの時価総額はすごいですけども、産業界でどれだけ他のビジネスとつながっているか、波及効果、という意味ではインテルのほうがまだ存在感があると思います。

 世界景気の本格回復につながっていくニュースになるといいですね^^


[ 2011/01/25 12:47 ] 経済ニュース | コメント(0)

針なしエコで安全性もアップ 新しいホチキス

コクヨS&Tの針なしステープラー(ホチキス)「ハリナックス」、売れているようですね。確かに10枚をとじれて、金属針が無いというのは、大きな技術革新です。

針なしエコで安全性もアップ 新しいホチキス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000582-san-bus_all
(産経新聞 yahooニュースより)

これもまた日本らしい創意工夫にあふれた製品ですよね。
身の回りの物のちょっとした工夫で、便利にするという。

確かにGPSとか、資源のリサイクル技術とか、高度なものも大事ですが、こういうちょっとした発明といってもいいような技術革新こそが、製品の差別化につながり、企業としてのブランドにつながりますよね。

大ヒット製品は、会社に利益をもたらしますが、その製品が明確に新しいものであれば、やはりその企業のイメージがアップすると思います。

対象の製品の指名買いだけでなく、他の製品にもそういう効果は広がるのではないでしょうか。

単純に、キラー製品は、今まで入れなかった店の棚を取るきっかけになるでしょうから、販路も広がるでしょうしね。

こういう地道な努力と、工夫が結びついた製品、企業の成功は、素直に賞賛したいですね^^


[ 2011/01/24 14:43 ] 経済ニュース | コメント(0)

SBI 韓国LGと合弁会社設立へ

インターネット証券最大手のSBI証券を傘下に持つSBIホールディングスが、韓国のLGグループ傘下のIT会社とシステム関連の合弁会社「SBI-LGシステムズ」を2月末をめどに設立するとのニュースが。
これ金融関連の提携なのかと思ったら、システム外注先を一元管理する会社なんですね・・・

SBI 韓国LGと合弁会社設立へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000005-fsi-bus_all
(フジサンケイ ビジネスアイ yahooニュースより)

新興国での事業実績を持つLG側の基盤や技術を活用するというのもよくわかりません。
何に事業実績を持つんですかね? システム開発のアウトソースですか?

LGはインドやインドネシアで金融関連のシステム事業を手がけているということですが、それならSBIは一顧客ですよね? そこを踏み越えて合弁を作るのですから、もうシステムの外注をLGに絞るということなのでしょうか。

SBI参加の損害保険会社のシステムなんて、コテコテの日本規制バージョンなわけですよね?

それをLGが開発、メンテするんですかね・・・

SGIが海外展開している金融事業の現地のシステムに関して、ということなのでしょうか。

そうすると、その前のグループ合計で年間150億~200億円のシステム費用を、2~3年後に3割程度削減できるというコメントが矛盾しちゃいますしね。

これプレス発表がこの内容だったんですかね、それとも、記者さんがわかっていない内容だったからなのか・・・
[ 2011/01/24 08:53 ] 経済ニュース | コメント(0)

携帯やPCからネオジム磁石回収 産総研が開発

産業技術総合研究所が、レアアースのネオジムなどを含む強力な「ネオジム磁石」を不用になった携帯電話やパソコンから回収する技術を開発したとのニュースが。日本らしい技術で、大いに今後のさらなる研究開発を期待したいですね。

携帯やPCからネオジム磁石回収 産総研が開発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110124-00000504-san-bus_all
(産経新聞 yahooニュース)

産業総合研究所(産総研)も、経済産業省所管の独立行政法人になってから、学術的な研究よりも実用を意識した研究内容にシフトしていったと聞いていましたが、あれから月日が流れ、徐々にその成果が出てきたといったところでしょうか。

政府もレアアース回収には予算を計上しており、設備投資を推進とのことなので、この分野は重点投資が必要だとわかっているのでしょう。

日本らしいこういう技術は、海外に輸出もでき、資源不足を解消していく切り札にもなりえるので、国力という意味で大いにプラスだと思います。

日立製作所も技術開発を行っているとのことなので、官民力をあわせ、というよりも民である程度形にしたところに、官が補助を出す、というようなやり方で発展していって欲しいですね^^
[ 2011/01/24 07:10 ] 経済ニュース | コメント(0)

ゴーン会長「EV戦略が標的に」強い警戒感

日産・ルノーのEVに関する情報流出問題、しばらく尾をひきそうですよね。
ゴーン会長がこの問題についにメディアでコメントを出しましたね。
警戒感を示すのは当然ですけど、今までも自動車の開発情報って、トップシークレットなわけですから、ある程度の情報管理はされていたわけですよね?

上層部でもれるとなると、管理のしようがないというか、ある程度お金をかけてスパイ行為をされると防ぎようがないというか。

EV戦略は、確かに自動車メーカーの明日を左右する分野だと思いますし、電池や環境技術の会社からしても必要な情報なのでしょう。

今回は裏でいくらぐらいのお金が動いたんですかね・・・

性善説で運営する日本企業はただでさえ、こういう情報戦争に弱いことが多いですから、グローバルな規模で高い技術を持っているメーカーには、こういう機会に対策をしてもらいたいところです^^

ゴーン会長「EV戦略が標的に」強い警戒感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000522-yom-bus_all
(読売新聞 yahooニュースより)
フランス自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長は23日付の仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビュー記事で、電気自動車(EV)関連の情報が社外へ漏れたとされる問題を巡って、「EVに関する戦略が(スパイ行為の)標的となった」と語り、強い警戒感を示した。
 ゴーン会長は、EVの技術情報ではなく、ビジネスモデルに関するものである可能性を示唆した。情報の流出先については「確信はない」と発言した。
 ゴーン会長がこの問題でメディアの取材に応じたのは初めて。
[ 2011/01/23 23:11 ] 経済ニュース | コメント(0)

中国企業、タイに巨大製品市場

中国・雲南省の投資会社がバンコク郊外に15億ドル(約1250億円)を投じ、中国製の雑貨などを取り扱う東南アジア最大規模の巨大商業施設を建設するとのニュースが。
規模がすごいですよね。東京ディズンーランドの4倍の面積だそうです。

中国企業、タイに巨大製品市場…地元企業反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000600-yom-bus_all
(読売新聞 yahooニュースより)

膨大な量の衣類、貴金属、玩具、雑貨、自動車部品、食料などを取り扱うとのことで、中国とASEANの間はFTAが発効しているため、低関税でタイに大量に輸出されるわけです。

この大拠点から、地元への販売とASEAN全体への売り込みが行われることでしょう。

確かに、タイの製造業、小売業が影響受けるでしょうね、かなり。

グローバル化が進むと、当然こういう動きも増えてきますよね。

中国の雑貨1企業がやろうとしても出来ないプロジェクトですけど、投資会社が1000億円規模で投資して建設すればそれに流す商品を供給する会社はいくらでもあるでしょうから。

7万以上の中国業者が入居と計画されていると報道されていますが、そのぐらいすぐ集められるのでしょうね。

日本にもこういう規模のところが参入してきたら、相当既存の中小企業や卸は打撃をうけることでしょう。

グローバル規模での競争、大変な世の中になってきましたね・・・
[ 2011/01/23 14:59 ] 経済ニュース | コメント(0)

新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品

 武田薬品工業が、2013年4月入社の新卒採用から、英語力を測る学力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の取得を義務づけるとのニュースが。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000931-yom-bus_all
(読売新聞 yahooニュースより)

新卒の採用基準のハードルを日本の大手企業が明確にすることは珍しいですね。実際には人事部が何を重視してみているとか基準があっても、それを明らかにするというのはまれだと思います。
そういう意味では暗黙のハードルというよりは、お互いに無駄を省くため、明示するというのはフェアだと思います。

 今回武田薬品工業の応募の条件となっているTOEICの730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準と言われていますが、実際にTOEIC730点ぐらいの人はそれほどしゃべれないし、それほど聞き取れないと思います。
企業での海外出張時の基準とかになっていますが、730と言う数字は、本当に最低限のレベルだと思いますので、新卒時に課してもそれほど無茶じゃない数字ですし、ある程度勉強すれば取れますから、いい基準だと思います。
 
武田薬品工業は、海外事業や研究開発体制の強化のために、外国人研究者の採用や海外の新薬候補品を持っているベンチャー企業のM&A(企業の合併・買収)を積極化という企業戦略を明確にしているので、採用条件に高い英語力を明示するというのは、人材獲得面でも、合理的ですよね。

ある意味、勝ち組企業というか、人気企業だからこそ取れる戦略でもあり、今後さらに格差が出るかもしれませんね。

おそらくだまっていたら、製薬会社志望でグローバルに活躍したい人材のうち、武田薬品を志望する人が増えるでしょうから。

もし私が学生だったら、逆を行きますけどもね。

武田薬品の競合に高いTOEICスコアを取って受けに行き、英語のできる同期があちらに多くいき、こちらに少なければ、社内で英語を使って活躍するチャンスが増えると思っています、と志望動機を言って・・・
[ 2011/01/23 13:24 ] 経済ニュース | コメント(0)

景気の基調判断を7カ月ぶりに上方修正=月例経済報告

 政府は1月の月例経済報告で「景気は、足踏み状態にあるが、一部に持ち直しに向けた動きがみられる。ただし、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある」とし、基調判断を上方修正したとのニュースが。上方修正は2010年6月以来7カ月ぶりとのことです。

自動車の販売・生産に底打ち感が出てきていることを踏まえ、という記載がありますけども、これからですよね、エコカー減税の本格的な反動がくるのは・・・

自動車産業がへこむと、日本経済への影響結構大きいですからね。

ただ、米国の景気が本格回復してきそうな雰囲気はあるので、そういうプラス材料はありますよね。

米国が回復すると、お金が動きますからね、いろんな分野で。

そういう投資が起こることで、いったん歯車が回りだすと、世界経済が景気回復に向けて動き出し、欧州が抱えている問題が、顕在化せずに軟着陸できるようなシナリオになるといいですね・・・

景気の基調判断を7カ月ぶりに上方修正=月例経済報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000338-reu-bus_all
(ロイター yahooニュースより)
[ 2011/01/22 23:01 ] 経済ニュース | コメント(0)

洋服のネット通販人気 “試着してから”の常識に変化

洋服をインターネット通販、順調に伸びていますね。
開始当初は、やはり試着したい、とか色合い、生地の感じを直接見たい、という声もありましたが、今では普通にネットで洋服を買う人が増えましたよね。

洋服のネット通販人気 “試着してから”の常識に変化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000097-san-soci
(産経新聞  yahooニュースより)

スタートトゥデイのZOZOTOWNなんかは、TVCMも積極的にやっているので、認知度も高いですよね。
1370種類以上のブランド、毎日1500点もの新商品。
展示が必要ない分、商品の入れ替えスピード、扱い点数も店舗型と桁が違います。

東京、地方のギャップもないですしね。

私自身も、普通にネットで買います。
最近も、ジャケット、パンツ、シャツをコーディネイトした組み合わせで、ネットで買いました。

ネット通販、一度使い始めると、その利便性の高さから、リピーターになりますよね。

そのあたりが、スタートトゥデイの伸びにもつながっているのでしょうね^^
[ 2011/01/22 20:30 ] 経済ニュース | コメント(0)

上場期待の米フェースブック、15億ドル調達

上場期待の米フェースブック、15億ドル調達とのニュースが。
最近日本でも創業からのエピソード映画が公開された、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手の米フェースブックが、総額15億ドル(約1240億円)の資金調達を行ったとのこと。
時価総額は500億ドル、約4兆1300億円だそうです。

上場期待の米フェースブック、15億ドル調達
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110122-00000273-yom-bus_all
(読売新聞 yahooニュースより)

2012年にも新規株式公開すると予想されており、大型上場なので市場関係者の注目を集めそうですね。

しかし、4兆円とは、すごいですね。

すでに海外では、Facebook上で他の企業が提供するサービスが動くことも多く、ある意味もうプラットフォーム化しているますよね。
なので、その場を支配している、運営しているところは、当然バリューが付くと。

映画、ソーシャル・ネットワークも面白かったですし、話題にはなっていますよね。
日本での今後のFacebookの動きと、米国でのIPOの行方は気になるところですね^^

映画ソーシャル・ネットワークの感想
[ 2011/01/22 18:16 ] 株式関連 | コメント(0)

京セラ、国内でスマートフォン発売へ 年内に、アンドロイド搭載

京セラがスマートフォン(高機能携帯電話)を年内にも、国内で発売するとのニュースが。
米グーグルの携帯電話向けOS「アンドロイド」搭載機をKDDI(au)向けに投入とのこと。

京セラ、国内でスマートフォン発売へ 年内に、アンドロイド搭載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110121-00000505-san-bus_all

京セラ、北米ですでに出してたんですね、スマートフォン。イメージにありませんでした。
日本でのスマートフォンって、今はもう次の世代の競争なので、いかにガラパゴス携帯の便利な機能を取り込めるか、みたいな競争になっているので、新機種の開発は大変ですよね。
単純に海外で出したアンドロイド端末を日本語化すればいいとかではないので。

そういう意味では、年末までに出す端末なのに、ワンセグや赤外線を検討する、と言っているようでは、シェアは取れそうもないですよね・・・

あんまり売れ無そうな端末を出して、実際に売れず、大幅値引きされ、低価格スマートフォンのポジションになる、と予想してみますが、どうでしょう?


[ 2011/01/21 09:17 ] 経済ニュース | コメント(0)

コナミがハドソンを完全子会社化

ゲームソフトの大手コナミ(東証一部9766)が54%出資しているハドソン(ジャスダック4822)を完全子会社化するというニュースが出てましたけど、携帯向けゲームとかスピード感が命なので、コナミ傘下になって機能するかどうかは未知数ですよね・・・

コナミがハドソンを完全子会社化 ノウハウ吸収、携帯ゲームなど強化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110120-00000580-san-bus_all

ソーシャルアプリって、現場の発想でスピード感を持って、自由に安く作って、数出す中でたまたまヒットが出る、というイメージなので、人件費が高いメンバーが、プロジェクト化して企画、準備、承認を得て、サイクルをまわしていくと、高コストになり、そこそこのダウンロード数になったとしても、単価が安いから赤字、という状況になってしまうような・・・

ゲリラ的に少人数でやっているところのほうが、ソーシャルアプリの分野では強い気がするんですよね。

時代のはやりのテーマではありますが、大手ゲーム会社がこれから本格的に手がけて、もうかる分野かと言われると疑問です。

ノウハウの吸収とか記事にはありますが、発想豊かなクリエイターほど、無駄な会議とかが増えるようだと、フリーになるなりして出て行くかもしれませんね。

ソーシャルアプリの分野って元手がなくても挑戦できますし、ある程度作れますからね。

今回のこの完全子会社化はどういう結果になるでしょうか・・・・
[ 2011/01/20 19:59 ] 株式関連 | コメント(0)

首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加

2010年の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)のマンション発売戸数は、前年比22%増の4万4535戸となり、6年ぶりに増えたとのニュースが。過去最多の2000年(9万5635戸)と比べると、半分以下の水準とのこと。ただまあ、下げ止まったというのはプラスですよね。
賃料相場はそこまで下がっていないので、ある一定の価格で止まるんでしょうけども、高い時期に土地を買って仕込んでいた物件はもう一巡し、物件として出てくるのは、土地が下がった後購入しているところが増えてきていることもあり、リーズナブルな水準まで下がってきていたというのもあるのでしょうね。

価格面でも、平均価格は4716万円と前年より4%上昇とのことなので、件数も増え、価格も上がれば、不動産市況にも、少しは明るい兆しが出てきたということでしょうか。

菅内閣が明らかに消費税増税体制にシフトしてきているので、消費税増税前の駆け込み需要も、今後期待されるかもしれませんね。

 今回の結果を発表した不動産経済研究所では、11年の発売戸数は5万戸程度に増えると予想しているようです。

首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000887-yom-bus_all
(yahooニュース)

株も、不動産も上がり、景気が少しでも回復するといいですね^^
[ 2011/01/20 15:50 ] 経済ニュース | コメント(0)

映画料金1500円に値下げ TOHOシネマズ

シネコン大手のTOHOシネマズが来春から映画料金を1500円に値下げするとのニュースが。

映画料金1500円に値下げ TOHOシネマズ、18歳未満は千円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000539-san-bus_all

1800円のところが多いなか、ネット予約割引とか、シニアとかレイトショーとかレディースデーとか、前売り券とかいろんな割引があって、実際1800円で見るときは、高いなーと思っていました。

私も割りとTOHOシネマズを使うことが多いので、割引手段を使ったりする余計な準備がなくても1500円になるのは便利で助かります。

ただ、デフレ傾向が強まっているから、ということなのでしょうけども、他の映画館もある程度は追随しなければならなくなると思うので、本格的な価格競争が始まるのか、まだわかりませんけどもね。

米国などは、都市や映画館によってもかなり価格にばらつきありますし、同じ映画館でも時間帯、曜日で結構細かく料金設定、すいている時間は安いです。

日本は一律になってますけど、これからは市場原理で決まっていく傾向になってくるとしたら、一般ユーザーにはメリットがありますよね。
映画業界としては、いままでそういう努力をしなくてもすんでいたところが、ガラっと変わるのですから大変でしょうけども、適切なレベルの競争があったほうが業界自体も活性化すると思うんですけどもね・・・
[ 2011/01/20 06:53 ] 経済ニュース | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。