上半期の株式公開、17年ぶりひとケタに激減 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 上半期の株式公開、17年ぶりひとケタに激減ホーム > 株式関連 > 上半期の株式公開、17年ぶりひとケタに激減

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

上半期の株式公開、17年ぶりひとケタに激減

平成21年上半期のIPO社数が9社と激減。前年比62.5%減とのこと。

それはそうですよね。
景気の悪化、株式市場の低迷、新興市場離れ、という環境に加え、J-SOX対応等による株式公開コストの増加。

IPOには逆風が吹きまくりの2009年上半期でした。

株式市場が徐々に戻りつつあるので、また公開意欲が戻ってくるといいのですが・・・

やはり株式市場において、ダメな企業が退出することも必要ですが、新しい血というか元気な新興企業がどんどん上場してきてこそ、盛り上がってくる部分だと思います。

昨年公開したグリーなんかも、取引は活発に行われていますしね。

新しい分野の成長企業が次々と出てくるようでなければ、産業構造が変わっていきませんし、政府の施策でオールドエコノミーの企業を下支えしているだけでは、なかなか景気は良くなっていきません。

IPO市場、バブルまではいかなくても、そこそこ盛り上がって欲しいですよね^^

上半期の株式公開、17年ぶりひとケタに激減
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/271982/
企業の新規株式公開(IPO)が急減速している。平成21年上半期(1~6月)の全市場でのIPOの社数は前年同期比62・5%減の9社と大幅に減り、上半期では17年ぶりの1ケタ台に落ち込んだ。

 金融危機に端を発した株式市場の低迷で、株式公開で会社側が望む資金調達額に達しない懸念が高まり、上場を見送る例が増えた。

 また、新興市場の上場企業に不祥事が続出。取引所は上場審査基準を厳格化し、IPOの敷居が高くなった。今年の上場は医薬品の大幸薬品(東証2部)など、業績堅調企業が多い。

 一方、4半期決算の義務化で、企業に内部管理の自己評価を義務づける「内部統制報告制度」も今年度から導入された。新興企業には上場維持コストの負担は重く、「IPOの恩恵が薄れている」(大手証券)。

 ただ、環境に改善の兆しもある。昨年10~12月に株式公開した17社中10社の初値が公募価格を割ったが、21年は9社中2社だけだ。

 三菱UFJ証券の船山省二シニアアナリストは「市場が戻り相場に転じ、個人投資家の警戒感も薄らいだ」とみるが、「収益環境は厳しく、急回復は見込めない」と指摘している。

[ 2009/06/29 21:01 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。