米景気回復への懸念台頭【今週の早わかり株式市況】 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 米景気回復への懸念台頭【今週の早わかり株式市況】ホーム > 株式関連 > 米景気回復への懸念台頭【今週の早わかり株式市況】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

米景気回復への懸念台頭【今週の早わかり株式市況】

今週の株式市況は下げ基調が続きましたね。
5日中4日、日経平均は下げましたしね。

自動車関連株は上がりましたけども。

やはり日本の自動車メーカーは環境、すなわちハイブリッドの分野で先行しているというイメージでしょうか。
プリウスとインサイトは実際売れているようですしね。

ただまだそれほど大量生産でさばける商品にまでなってないようなので、これからなのでしょうね。
その将来への期待が株価に織り込まれつつあるのでしょうか。

部品メーカーから素材メーカー、すそ野も周辺産業も広い業界ですから、自動車産業が活気づくと日本経済へのインパクトは大きいですよね。

ただ今後の産業構造を考えると、経済を引っ張っていくような新産業が創出されないと厳しくなってくるので、税金を使う分野は自動車や家電ではなく、新しい産業に向けてほしいとは思います・・・

米景気回復への懸念台頭【今週の早わかり株式市況】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000164-scn-brf
◆マーケット・トレンド(6月29日~7月3日)
【↓】6月29日(月)――エコカーや太陽電池関連が売られ、4日ぶり反落
 日経平均 9783.47円( -93.92円) 売買高22億3705万株

【↑】6月30日(火)――鉱業や鉄鋼、ハイテクなど好調で、一時1万円台
 日経平均 9958.44円(+174.97円) 売買高20億5359万株

【↓】7月1日(水)――一時1万円回復も今晩の米指標懸念し、小幅反落
 日経平均 9939.93円( -18.51円) 売買高23億0723万株

【↓】7月2日(木)――不動産や銀行、国際優良株の一角が下落し、続落
 日経平均 9876.15円( -63.78円) 売買高20億7126万株

【↓】7月3日(金)――後場は下げ渋るも米雇用統計悪化を嫌気し、続落
 日経平均 9816.07円( -60.08円) 売買高18億7071万株

◆セクター・トレンド(6月29日~7月3日)
(1)自動車関連が急上昇
(2)ゴムや繊維も堅調――原油先物価格の下落を好感
(3)公共株が高安まちまち
(4)金融や空運が売られる――相次ぐ増資発表を嫌気
(5)海運、倉庫が安い――景気回復遅れ懸念で
(情報提供:チャートブック編集部&ストックデータバンク)

[ 2009/07/04 01:27 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。