<NY株>113ドル高…9カ月ぶり水準 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > <NY株>113ドル高…9カ月ぶり水準ホーム > 株式関連 > <NY株>113ドル高…9カ月ぶり水準

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

<NY株>113ドル高…9カ月ぶり水準

米国は雇用統計の好転を受けて、NY株あがりましたねー。

為替も97円超えてきました。

久々ですね、この水準。

このぐらいアメリカが回復基調が鮮明になってくれば、日本の株のほうも期待できそうですね。

何しろ為替レートが違いますから。

株価が回復してくれば、株式を保有する金融機関がリスクをとれるようになり、貸出しが増え、企業の投資が増えれば、設備投資も、人への投資も増えますから、失業率も下がり、そういう雰囲気になってくれば消費マインドも回復するのでしょう。

最近のニュースでは不動産の売買も活発化してきている様子。

いよいよ回復がはじまりましたかね^^

今後のさらなる株高に期待です!

<NY株>113ドル高…9カ月ぶり水準
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090808-00000021-mai-brf
(yahooニュースより)
【ワシントン斉藤信宏】7日のニューヨーク市場は、米雇用統計の好転を受けて株価が3営業日ぶりに反発し、ダウ工業株30種平均の終値は前日終値比113.81ドル高の9370.07ドルと今年の最高値を更新した。終値としては昨年11月4日以来、約9カ月ぶりの高値。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も反発し、終値は同27.09ポイント高の2000.25となり、3営業日ぶりに2000台を回復した。

 また、外国為替市場ではドルが買われて円安・ドル高が進み、円相場は6月中旬以来約1カ月半ぶりに1ドル=97円台後半まで上昇した。午後5時時点では前日比2円05銭円安・ドル高の97円47~57銭。

 7月の米雇用統計で、失業率が市場予想に反して小幅ながら改善したことで、米景気の回復期待が高まり、株式市場では大手金融株や消費関連銘柄への買い注文が膨らんだ。

[ 2009/08/08 11:28 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。