<東証>反落、終値145円安 2009年8月21日 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > <東証>反落、終値145円安 2009年8月21日ホーム > 株式関連 > <東証>反落、終値145円安 2009年8月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

<東証>反落、終値145円安 2009年8月21日

今日の日経平均株価は反落し、前日終値比145円21銭安の1万238円20銭。

やはり円高が93円半ばまできたので輸出関連株の売りがきましたね。

民主党の勢いにのっかりそうな銘柄が物色されているようですが、どうでしょう。

そこまでインパクトある政策を機動的に実行できるのか、未知数な部分が多いですよね。

まあいずれにせよ、景気に悪影響のあるふるまいはして欲しくないところです。

1万円台をキープしているうちは、安心して見ていられます。

1万円を割ってくるようだと、もう一段下げそうで怖いんですけども、不動産関連市場も、少しずつ戻ってきているようですし、少しずつですが、明るい兆しが見えてきたのかもしれません。

為替は90円台でうろうろしているうちは、まあ輸出銘柄も利益出せそうですしね^^

<東証>反落、終値145円安
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090821-00000061-mai-brf
(yahooニュースより)
21日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日終値比145円21銭安の1万238円20銭で取引を終えた。TOPIX(東証株価指数)も反落し、終値は11.25ポイント安の947.34。

 円相場が一時、1ドル=93円台半ばまで円高・ドル安に振れたことから、輸出関連株を中心に売りが先行し、日経平均の下げ幅は一時240円を超えた。20日に米政府が自動車買い替え支援策の打ち切りを発表したことが嫌気され、トヨタ自動車が前日比約3%下げるなど、自動車関連株が売られた。

 一方、民主党が圧勝の勢いとの選挙情勢報道を手がかりに、高速道路無料化の恩恵を受ける陸運株や、「子ども手当」の創設で恩恵を受けるとみられる西松屋チェーンなど育児関連株が買われた。市場では「月末を控えた様子見ムードと、選挙後の政策効果を見極める動きが重なり、当面の利益を確定する売り注文が膨らんだ」(大手証券)との見方が出ている。【寺田剛】
[ 2009/08/21 21:54 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。