NY市場サマリー(21日) マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > NY市場サマリー(21日)ホーム > 経済ニュース > NY市場サマリー(21日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

NY市場サマリー(21日)

また円高に振れてきましたね。
この連休、円安に振れて、円高に戻って、90円~92円台の間で上下してますが、連休明け、どちらかに抜けてきたら、ある程度進みそうですね・・・

しばらくドル円相場は気になるところです。

ニュース本文のうち、「景気回復をめぐる楽観的な見方が広がり、安全資産としてのドル需要が後退」
って突っ込みどころが2か所

景気回復?

ドルって安全資産?

このあたりはどうなんでしょうね。

過去の、景気がこうなれば、ドルがどうなる、とかの法則が当てはまらなくなってきているとは感じています。

景気は回復してくれるに越したことはありませんけどもね・・・

NY市場サマリー(21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000053-reu-brf
(yahooニュースより)
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)
ドル/円   終値    91.14/18
       始値    91.30/32
   前営業日終値    92.00/04  

ダウ工業株30種(ドル)
     終値         9829.87(+51.01)
   前営業日終値    9778.86(‐41.34)

ナスダック総合
     終値         2146.30(+8.26)
   前営業日終値    2138.04(+5.18)

S&P総合500種
     終値         1071.66(+7.00)
   前営業日終値    1064.66(‐3.64)

 <為替> ドルが幅広い通貨に対して下落。対ユーロでは一時、1年ぶり安値をつけた。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表や20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)を前に景気回復をめぐる楽観的な見方が広がり、安全資産としてのドル需要が後退した。
 <株式> 上昇。22─23日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では景気回復を支援するために緩和的政策が維持されるとの見方から、金融・ハイテク・工業株など景気に敏感な銘柄が物色された。
<債券> <金先物> <原油先物> は省略
[東京 23日 ロイター]
[ 2009/09/23 12:46 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。