NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日) マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日)ホーム > 経済ニュース > NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日)

16日のNY株、大幅に落ちましたね。
米景気先行き懸念ということですが、バンカメとシティバンクの決算、そんなに悪くは無かったと思うのですが、ガクっと落ちましたね。
NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日)
黒字決算で一息つく、ということにはならなかったようです。

株価の大幅下落につられて、為替も円高に振れましたしね。

米国景気の先行き懸念が深刻ですね。

わが国も先行きの不安さでは負けていないと思うのですが・・・

連休明け、来週以降も株、為替ともに目が離せませんね。

NY株、大幅続落=米景気先行き懸念で〔米株式〕(16日)☆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100717-00000015-jij-brf
(yahooニュースより引用)
【ニューヨーク時事】週末16日のニューヨーク株式相場は、米景気の先行き懸念が一段と強まったことから大きく値を下げ、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比261.41ドル安の1万0097.90ドルで終わった。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数は同70.03ポイント安の2179.05で終了。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比3億7375万株増の14億9045万株。
 朝方に発表された金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)とシティグループの4~6月期決算は「市場予想よりも良好で、決して悪い内容ではなかった」(大手証券)との見方もあるが、この日の下落は一部を除く金融株が主導した。米景気の先行き不安が広がる中、市場関係者の間では「バンカメとシティの黒字確保は(融資の焦げ付きに備えた)貸倒引当金の計上額を減らしたことが要因」(同)との指摘もあり、金融機関の業績に対して逆に不安を与える格好ともなった。
 また、ロイター・ミシガン大学が同日発表した7月の消費者景況感指数(暫定値)が急低下したことも、株安に一段と拍車を掛けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が14日公表した6月下旬開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録要旨で、景気の先行きに対して警戒感を強めて以降、米景況の悪化を示す指標が相次ぎ発表されている。前日に発表された7月のニューヨーク州製造業景況指数と7月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は、いずれも悪い数字だった。
 個別銘柄を見ると、この日は一部を除き金融株が軒並み急落し、バンカメは約9.2%安、シティグループは約6.3%安、JPモルガン・チェースは約3.6%安、アメリカン・エキスプレス(アメックス)は約4.7%安でそれぞれ終了した。(
[ 2010/07/17 09:21 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。