日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへ マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへホーム > 経済ニュース > 日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへ

日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへ
債権放棄の額、結構な額ですよね。
低金利のこの世の中でいくらの優良債権を積み上げれば、金利収入でこの額を稼げるのでしょうか。

2%だとすると・・・1兆円融資しして、200億円/1年
調達コストや、事務コスト等すべて無視して、全部粗利だとしても、5兆円を5年ぐらいですか・・・

どこにそんな融資先があるんでしょう。

実際こういうケースで先に手を引く銀行って、判断が難しいんでしょうね。

もっと早い時点で一部債権放棄と引き換えに、メインに借り換えしてもらう、とかが選択肢なんでしょうかね。

大企業でも、バタバタつぶれる状況で、低金利で貸し出しって、しんどいですよね。

さすがに倒産件数等は底をうったようで、これからは景気の回復局面なのかもしれないですけども、そうすぐには金利上がらないでしょうからね。

われわれの世代で銀行に就職した人は、一度もインフレ下のバンカーを経験していないのをぼやいていました。
そりゃそうですよね・・・

日航債権放棄5200億円 取引銀行受け入れへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000569-san-bus_all
(yahooニュースより引用)
会社更生手続き中の日本航空と管財人の企業再生支援機構がまとめた更生計画案に盛り込まれた約5200億円の債権放棄について、主力取引銀行が受け入れる方向であることが24日、分かった。計画案のリストラ策についても一定の評価を下しており、難航していた交渉が大筋で決着し、目標だった8月末に計画案を東京地裁に提出できる見通しになった。 

 日航と支援機構は、すでに銀行団による債権カット率を当初の90%から87.5%に引き下げることを提示している。債権放棄に加え、支援機構が3500億円を出資する。このほか、計画案には、1万6千人の人員削減などのリストラ策が盛り込まれた。

 ただ、更生計画の認可後に運転資金や航空機材の購入費に充てるため約3192億円の再融資については、計画案の合意を優先し銀行団との交渉は先送りされた。

 銀行団はリストラの進捗(しんちょく)状況などを慎重に見極めた上で融資を判断する方針だが、債権放棄に加えて再融資を行うことへの反発は根強く、日航再建を軌道に乗せるには、課題も残されている。
[ 2010/07/26 07:42 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。