残業 中堅社員「30代前半」に集中 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 残業 中堅社員「30代前半」に集中ホーム > 経済ニュース > 残業 中堅社員「30代前半」に集中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

残業 中堅社員「30代前半」に集中

残業 中堅社員「30代前半」に集中のニュースを見て、複雑な心境です。
私はちょうどその世代なので、実感として、新人が入ってこず、また手を動かさない50代以上の上はたくさんいるという状況がよくわかります。
横を見渡せば、残業に追われている同世代がたくさんいます。

これは景気回復期のいいニュースとしてとらえていいのでしょうか。

一部の世代に負担がかかっている状況は、今後も続くのでしょうか。

新卒の就職氷河期が長く続くと、その世代がぽっかり欠けます。

日本の雇用制度だと、解雇はしずらく、中高年の人員が多数会社に残っています。

新しい世代は、就職に成功した一部は、多くの仕事に追われメンタルを病む人も増加し、就職に失敗した人はなかなか再挑戦が難しく、スキルが身につかない仕事につく、というような状況ですよね、一般的には。

もちろん個々人の努力で、挑戦できる環境ですし、上がつまっている職場がいやなら、自分で起業したっていい、そういう気概を若い人たちに持ってもらいたいですが、なかなか厳しい状況ですよね。

万能な解決策があるとは思いませんが、ダメな政府のままでは、いつまでもこの経済は保てませんよね・・・

この苦しい状況の中でも、下を向かず上を向いて頑張りたいですね^^

残業 中堅社員「30代前半」に集中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000014-scn-bus_all
(yahooニュースより引用)
インテリジェンスが関東・関西・中部在住の22歳から39歳までのビジネスパーソン1000人を対象に残業時間の実態調査を行った結果、1カ月あたり20時間以上の残業者は52.3%と前年に比べ0.3ポイント増加。特に「会社の中堅30代前半に残業が集中し、製造業の残業時間が増えていることが分かった」。

 理由として、同社では「社会人経験を7年から10年積んだ30代前半は、中堅として第一線で活躍している層で、景気の回復とともに企業が事業拡大など攻めの姿勢へ転じる中、この年代に任される仕事量が増えていると考えられる。中途採用市場でも30代前半の中堅クラスの求人が最近増えており、この年代への期待が大きいことが伺える」としている。

 調査は正社員、契約社員として働いている男女を対象に今年3月23日から28日までの間で実施された。その結果、「まったく残業はない」は11.5%、「20時間未満」が36.2%、「20時間~40時間未満」が29.7%、「40時間~60時間未満」が12.9%、「60時間~80時間未満」が5.5%、「80時間以上」が4.2%という結果になった。

 男女別では「残業なし~20時間未満が女性の64.0%を占めるのに対し、男性は40.3%。また60時間以上の割合は、女性が4.6%に対し、男性は12.1%と男女に差があることが分かった」。

 職種別では製造系で「まったく残業ない」は8.1%と、前年の16.0%から半減。「多くのメーカーで生産を抑制し、残業をカットした2009年から一転して2010年は、エコポイントや新興国需要の高まりによる生産ラインの再開で、残業時間も増加したことが分かる」としている。
[ 2010/07/31 22:34 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。