トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上ホーム > 株式関連 > トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上

トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上のニュースが。
一時期あれだけトヨタが責められたわけですから、こういうニュースもちゃんと米国で大騒ぎして欲しいですよね。
確かに対処に問題はあったのでしょうけども、品質管理や、誠意みたいなものって、トヨタはわりとある会社だと思っています。

社員のトヨタの品質に対する誇りみたいなものって、相当高いですし、意識も高いと思います。

こういうニュースで、やっぱり日本製はしっかりしているな、という印象を世界中に与えられるといいですね。

一時期の逆風をコストカットで切り抜けているトヨタ。

円高も続いており、まだまだ苦労もあると思いますが、日本を代表する企業として、環境対応車等で、切り開いてもらいたいですね。

トヨタが元気ないと、名古屋経済そのものが沈みますから。

トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000381-yom-bus_all
【ニューヨーク=小谷野太郎】トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)問題で、急加速の原因が運転者の操作ミスとみられる複数の調査結果を、米高速道路交通安全局(NHTSA)が意図的に公表しなかった疑いのあることが30日、分かった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が報じた。

 7月にNHTSAを退職した元幹部が、実名で告発した話として伝えた。急加速が起きた23台について、NHTSAが運転記録を調べたところ、いずれもアクセルが全開でブレーキを踏んだ痕跡がなく、運転者のペダルの踏み間違いの可能性が高かったという。
[ 2010/08/01 12:13 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。