菅首相、為替は円高との認識=経済産業相 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 菅首相、為替は円高との認識=経済産業相ホーム > 経済ニュース > 菅首相、為替は円高との認識=経済産業相

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

菅首相、為替は円高との認識=経済産業相

菅首相、為替は円高との認識=経済産業相のニュースが。
前日にも、円高・経済対策、担当3大臣に近々話を聞いて判断=首相のニュースが出ており、マスコミの論調としては、円高が進んでいるのを政府は対応しないの?とプレッシャーをかけているようにも見えます。

実際に為替介入でドルを買うことは、税金を使った投機みたいなものですよね。

ただでさえ過去ドルを買いすぎて、含み損数十兆円のような状態なのに、これ以上買ってどうするのでしょうか・・

確かに一部上場の輸出メーカーにとっては円高は減益要因ですが、海外での現地生産、原材料の調達、いろんな手段でヘッジもできるわけですし、税金を使って、効果が怪しい介入を行うのはマイナス効果のほうが大きい気がするんですよね。

1日の為替取引高から見ても、数兆円投じて、一瞬動いたとしても、継続的に買うことが無理なのはわかっているので、すぐ戻されるような気がしています。

日本も早く小さな政府にして、政官がやることをどんどん減らして欲しいです。
景気対策も、お金を使うのではなく、規制を撤廃する方法で。

それこそが日本経済復活のスタートだと思うんですけどもね・・・

菅首相、為替は円高との認識=経済産業相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000464-reu-bus_all
(yahooニュースより引用)
[東京 19日 ロイター] 直嶋正行経済産業相は19日午後、菅直人首相と会談し、経済や産業情勢、円高が産業界に与える影響について議論したことを明らかにした。首相官邸で記者団に述べた。

 直嶋経済産業相によると、菅首相から為替レートの高安についての話はなかったが、円高の進行については認識しているという。

 同相は首相に対し、産業界の想定為替レートが現在ドル/円ベースで90円となっており、足元ではそれより5円程度円高の水準にあると報告。各社によって異なるが、業績に非常に大きな影響があると説明したことを明らかにした。

 また、エコカー補助金を9月で打ち切ることについては「その方針を変えるという話は一切していない」と述べ、「具体的にエコカー(補助金)やエコポイント(制度)をどうするかというやり取りはしていない」と語った。エコポイント制度の終了後については「今まさにいろいろ調査しているため、経済情勢を見ながら判断したい」と述べた。これらの制度については「需要喚起の政策としては効果は大きいが、需要の先食いであり、かならず副作用が出る」との認識を示し、こうした副作用のことも念頭に置いて判断したいと表明した。

 追加経済対策について直嶋経済産業相は「まだはっきり見えない」と指摘。菅首相が他の閣僚とこれから意見交換し、考えるのではないか、とも述べた。
[ 2010/08/19 18:46 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。