ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売ホーム > 株式関連 > ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売

ソニーのウォークマンが、ipodを猛追し、トップを奪ったとのニュースが。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100830-00000091-san-bus_all
値段もそうですが、やはり歌詞表示も大きいですよね。
新垣結衣さんを使ったTVCMを見て、確かに私も欲しくなって買いました。

新譜を聞くときって私の場合は、カラオケで歌いたいなーという曲を選ぶのが半分ぐらいなので、歌詞を表示できるのは大きいですね、カラオケの練習には。

かつてのソニーは独創的な製品で世の中に出てきたわけですから、今後もユニークな製品を開発し、世界で活躍してもらいたいですね^^

一時期コンテンツにシフトしてましたけど、こういうコンテンツと電気製品を組み合わせた発想の力と、デザイン力って、本来はソニーの根幹だったはずです。
一電気メーカーに終わらないカルチャー。

今後も期待したいです。

ウォークマン、iPod超えへ ソニー初の悲願 8月国内販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100830-00000091-san-bus_all
(yahoonニュースより引用)
携帯音楽プレーヤーの8月の国内販売台数で、ソニーのウォークマンが米アップル社の「iPod(アイポッド)」を抜く見通しであることが29日、市場調査会社の調べで分かった。携帯音楽プレーヤー市場は平成13年の投入以来、アイポッドの独壇場だったが、後塵(こうじん)を拝してきたウォークマンが初めて「悲願」のトップを奪う。

  [フォト]スピーカー付きが人気、ソニー「ウォークマン」

 市場関係者は、「iPhone(アイフォーン)」などのスマートフォン(高機能携帯電話)の登場で携帯電話で音楽を聴く層が増え、アイポッドの伸びが鈍化する一方で、音楽専用端末として音質を売りにするウォークマンの人気が高まっていると分析する。

 市場調査会社のBCNによると、8月の携帯音楽プレーヤー国内市場は第1週にウォークマンが46・7%を記録し、アイポッドの45・7%を上回って首位に立った。第3週は47・4%とさらに市場シェアを上げ、「この流れが続く」(道越一郎アナリスト)見通し。

 アイポッドは、一時はシェアが80%に迫る「独り勝ち」の状態だった。これに対し、ソニーは10年に投入したデジタル用「ウォークマン」が、ソニーの独自規格にしか対応しないなど、低迷した。

 しかし、ウォークマンは16年以降、操作性を改善したうえ、ネット接続など多機能化を進めるアイポッドとは違う「音楽専用プレーヤー」に特化した販売戦略を取り、徐々に支持を回復してきた。

 歌に合わせて歌詞が確認でき、スピーカーがセットのものもある現行の「Sシリーズ」モデルは、同じ容量のアイポッドに比べて1万円前後安いこともあって中高生に人気。21年8月には、1週間だけアイポッド超えを果たした。
[ 2010/08/31 21:37 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。