東証、円高一服で小幅反発 輸出関連株に買い戻し 20090114 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 東証、円高一服で小幅反発 輸出関連株に買い戻し 20090114ホーム > 株式関連 > 東証、円高一服で小幅反発 輸出関連株に買い戻し 20090114

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

東証、円高一服で小幅反発 輸出関連株に買い戻し 20090114

昨日かなり下がったのと円高が止まったので、今日はさすがに反発しましたね^^


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000083-mai-brf
14日の東京株式市場は、外国為替市場の円相場で円高進行が一服したことを好感し、買いが先行した。日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、一時、前日終値比102円16銭高の8516円07銭を付けた。終値は24円54銭高の8438円45銭。TOPIX(東証株価指数)も4日ぶりに反発し、5.27ポイント高の819.39で取引を終えた。東証1部の出来高は17億9400万株。
 輸出関連企業を中心に買い戻された。ただ、世界景気悪化に対する警戒感は強く、積極的な買いは限られた。

でもまあ、対して円安に振れたわけではないので、この水準の円高が続くと、輸出関連株はつらいですよね・・・

自動車あたりはまだしばらくきついと思いますけど、大手商社あたりは手が出せる水準になってきているような気がしています。

彼らにとって円高は、新規に海外の権益を押さえるのにはプラスですしね。もちろん既存分は目減りしますけど。

それにしても、外国人が日本市場から去ってしまった分、現在の買いは個人投資家が中心のようですが、確かに今仕込み時なのかもしれません。

まだ底じゃない、また日経平均株価5000円もあるぞ!

という人もいますが、まあ無い話だなとは確かに思いません。

ですが、将来的に倍になる可能性、16,000円前後まで上がる可能性と、半分になる可能性、ある程度長いレンジでみたらそう変わらない気がするんですよね。どっちも。

単純化すれば、3000円の損失と8000円の収益機会が同じぐらいの可能性に感じている、ということ。

であれば、買う気になりますよね。

株価が上がれば、企業の保有株もあがり、業績もあがり、個人の購買力が上がり、といういい循環になることを期待して、買いましょう(笑)
[ 2009/01/14 22:12 ] 株式関連 | コメント(1)
http://www.world-realtime-markets.com/
上記URL世界の株価指数のページを作成しました。
リンクフリーなので、ブログでご自由にご利用ください。
[ 2009/01/15 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。