8月機械受注は大幅増続く、先行き持続性への懸念も マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 8月機械受注は大幅増続く、先行き持続性への懸念もホーム > 株式関連 > 8月機械受注は大幅増続く、先行き持続性への懸念も

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

8月機械受注は大幅増続く、先行き持続性への懸念も

8月機械受注は、民需が3カ月連続で増加、しかも大幅な増加とのニュースが。
製造業、非製造業ともに前月に続き高い伸びとなり、幅広い業種で回復傾向がうかがえる結果となったとありますが、その後また円高が進んでいますから、直近の数字はどうなんでしょう。
10月ぐらいまで続くようであれば、安定して増加基調にあるといえそうですね。

ただ記事本文を読むと、依然減価償却費を下回るペースとのことなので、もともとが落ち込みすぎたんでしょうね。

そういう意味では、底をうったといえるのかもしれません。

機械受注の数字が良ければ、株価も上がっていきそうですしね。

企業が設備投資を行えば、資金がまわりますし、金融その他周辺にも波及効果が大きいですしね。

金利だけ下げていても、使われなければ意味がないわけですから、機械受注の回復はうれしいニュースですね^^

経済関連で、株価に好材料な、明るいニュースはめずらしい状況はさみしいですが、今後の継続に期待したいですね。

8月機械受注は大幅増続く、先行き持続性への懸念も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101013-00000420-reu-bus_all
[ 2010/10/13 23:15 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。