村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へホーム > 経済ニュース > 村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ

ついに来ましたね。電子書籍に移行するなかで、当然出てくる動きだとおもっていました。
出版業界の仕事のうち、印刷、製本、配送、という流れが必要なくなるわけで、最初の編集というところが不要である、あるいは個人で動ける編集者と契約すれば、あとはいらないわけです。

広告という機能もありますが、もうすでに知名度がある出版社にとって売れ筋の作家さんほど、新しい作品が電子書籍、それも低価格ででれば、読者はそちらから買いますよね。

10%の印税とかではなく、もう決済手数料のような、手数料を除いた分すべてが作家の取り分。

返本もなければ、ブックオフに流れることもない。

最初から紙の出版の半額以下の価格設定でも十分利益がみこめるわけで、読者層の拡大にもつながりますよね。

図書館で順番待ちしたり、立ち読みしたり、人から借りたり、という手段で読んでた人たちが買うようになるかもしれませんし。

出版社の立場でいえば、書店と組んで一生懸命売って、売れた作家さんは、こういう動きにシフトしていく、ということになると、相当脅威ですよね。

これからまだまだダイナミックに動いていく業界だと思います。


村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101102-00000661-yom-soci
[ 2010/11/03 09:04 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。