【経済深層】定額給付金“爆弾”破裂  マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 【経済深層】定額給付金“爆弾”破裂 ホーム > 経済ニュース > 【経済深層】定額給付金“爆弾”破裂 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

【経済深層】定額給付金“爆弾”破裂 

定額給付金、国民の4人に3人が、ダメだといっているのに、このまま強行突破する気なのでしょうか。
まともな感覚の政治家なら、財政も苦しくし、支持率も下げる、という政策に賛成することに、罪悪感は無いのでしょうか?

なぜこんな政治がまかりとおる国になってしまったのですかね・・・

選挙で選ばれた政治家は、国民の代表です。

国民がNoと言っていることに、なぜ・・・

もちろんときには、お医者さんが苦い薬をすすめるように、痛みをともなう荒療治が必要になることもあるかもしれません。

ただ今回のケースは官僚も、学者・専門家も、マスコミも、世論調査も反対しているのに・・・

壮大な無駄遣い、もういい加減にして欲しいです。

いろいろ対案が出てますが、学校の耐震化とか、保育園の拡充、失業対策、等ほとんどものが、定額給付金のばらまきよりはマシに思えてなりません。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/215059/
七転八倒の大迷走を繰り広げた「定額給付金」が、裏付けとなる平成20年度第2次補正予算の年度内成立にやっとめどがついた。もっとも、総額2兆円の臨時ボーナスだというのに評判は散々だ。ついには、政府の財政政策のご意見番ともいえる財政制度等審議会の西室泰三会長からも「異議」が飛び出した。政府が決め、しかも法案が国会に出された施策に審議会が文句を付けるのは極めて異例だ。麻生太郎首相の求心力のなさを改めて浮き彫りにした。

 ■“身内”から造反

 まさに“爆弾発言”だった。

 「定額給付金の2兆円は、使途見直しが必要との認識が大勢だった」

 今月15日の財政審の会合の後の記者会見で、西室会長はこう言い放った。

 「ほとんど効果はない」「他の経済活性化策に振り向けるべきだ」「同じような施策が次々に出てきたら国家財政は破(は)綻(たん)する」

 さらに西室会長は、審議会で出された意見を次々に紹介した。おまけに「なるべく刺激がないような表現をと、こういう話になっています」と語り、財務省事務方からの要請まで暴露してみせた。
[ 2009/01/22 23:35 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。