相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針ホーム > 経済ニュース > 相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針

元々相続税の対象となっているのは約4%、その層の中でもさらに富裕層に対しての最高税率ですから、高いのは仕方ないですよね。
税収が限られているなか、これ以上現役世帯の負担を増やすわけにもいかないですし、そもそも相続税は、もっと高くてもいいわけですからね。
本人の努力とか成功とはまったく関係ないわけですから。

たまたま生まれた家が金持ちだった場合、教育・住宅環境・援助含め、多々恵まれているわけですから、さらに財産を継ぐという場合には、その大半を税収としてもいいと思います。
税の公平という意味では、現在の所得にかたよってかけるよりも、こういう相続税みたいなところで取るほうがフェアだと思います。

そういう意味では、今回の、「相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針」のニュースは良かったと思います。
所得税、住民税のほか、年金その他、今働いている世代のなかでも、特に若年層には負担がおもくなっていますからね、平均所得は下がっているのに。

取れるところから取るというのはよくないですけども、相続税に関しては、いままでが取らなすぎだったので、是正は当然だと思います。

相続税最高税率55%に引き上げ、政府税調方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101212-00000091-yom-bus_all
[ 2010/12/12 20:03 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。