カード現金化、取り締まりへ 「貸金業」と認定検討、金融庁など マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > カード現金化、取り締まりへ 「貸金業」と認定検討、金融庁などホーム > 経済ニュース > カード現金化、取り締まりへ 「貸金業」と認定検討、金融庁など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

カード現金化、取り締まりへ 「貸金業」と認定検討、金融庁など

クレジットカードのショッピング枠を現金化については、確かにもう社会問題になってますよね。
金融庁が、カード現金化、取り締まりへ、「貸金業」と認定検討のニュースが出ています。
ネット上にも広告を多数見ますし、どうどうとオープンにやっている印象を受けます。

無価値なものを売り、カードのショッピング枠で買い物。
そして無価値なものを売った業者は、カード会社の入金から、その業者の取り分(利息)を引いた額を、買ったお客に振り込む。
ビジネスとしてはシンプルですし、カード会社としては、顧客が支払ってくれる限りは問題ないわけですし、借りるほうも、その条件で、とみなが納得した経済活動であっても、金利は違法な水準ですし、カード会社の規約には個人も、業者も違反してますし、そもそもの総量規制の趣旨からみても、アウトですよね。
これまで貸金業法や出資法の適用対象外と解釈され、取り締まる法律がなかったため、野放しになっていましたが。
またキャンセルできないとか、入金がないとかのトラブルも多いとのこと。

そうなるともう取り締まっていかないと、ということで、今回の動きにつながったのでしょう。

確かに総量規制の導入は、貸金業者が利息返還で傾いているときに開始されたため、余計に貸し渋りにつながっているのでしょう。
今まで借りていた人が、ライフスタイルを見直すという時間はなく、単に困ってより金利が高いグレーなところから借りるという悪循環になってますよね。

そもそものタイミングとかやり方、もっといい方法はあったと思うんですけどもね・・・

カード現金化、取り締まりへ 「貸金業」と認定検討、金融庁など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000500-san-bus_all
(yahooニュースより引用)

クレジットカードのショッピング枠を現金化し手数料を差し引いて多重債務者らに渡す「カード現金化業者」について、金融庁と経済産業省、警察庁は20日、「貸金業」とみなし、ヤミ金と同じ違法な無登録業者として取り締まる方向で検討に入った。無価値な商品を利用者に販売するという「物販」を隠れみのにしているため、これまで貸金業法や出資法の適用対象外と解釈され、取り締まる法律がなく、野放し状態となっている。関係省庁は、業務内容が実質的に貸金業にあたると判断した。
(以下省略)

[ 2010/12/21 09:59 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。