不動産株 20090114 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 不動産株 20090114ホーム > 株式関連 > 不動産株 20090114

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

不動産株 20090114

私は最近新興市場の不動産株を結構チェックしているのですが、昨日のクリードショックによる大幅下落に続いて今日も下げましたね・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000075-scn-brf
<魁:日本株銘柄レポート>業績懸念も買い戻しに平均小反発
 14日、日経平均株価は24円54銭高の8438円45銭と4日ぶりに小反発した。ただ、13日の米国市場で、ナスダック総合指数は反発したものの、NYダウは5日続落とまちまちの動きで、為替は1ドル=91円台でもみ合う展開だったことから、業績懸念が付きまとうなか、あす15日の昨年11月機械統計発表を前に模様眺め気分の強い動きとなった。もっとも、ここ3日間で825円下げていたこともあり、値上がり銘柄数は998と4ケタに迫り、値下がりは586だった。出来高は17億9460万株、売買代金1兆2420億円にとどまり、3日連続で20億株割れ、1兆5000億円割れとなった。
・・・・・・・・
一方、値下がりでは、クリードが破たんし、銀行の更なる貸し渋りが予想されることが嫌気された不動産株が2.3%下げでトップ。個別の値下がり率ランキングでも、1部上位4銘柄を不動産セクターが占め、新興市場でもストップ安銘柄が並んだ。

今日の下げ率でも不動産株がトップです。
私にも、なかなかの痛手です(笑)

しかし昨今の不動産関連株はPBRでいえば0.15倍から0.30倍あたりがゴロゴロ。
保有簿価がどれほど損失抱えていると思われ、銀行から借り入れができずに資金ショートする可能性がどれだけあると思われているのか、ということですからね。

でも、こういう株に魅力を感じてしまうんですよね。

2倍や3倍になる可能性がある株。

市況が回復したら、残存者利得というか、つぶれた同業が多い分、ライバルも減ったわけですし。

今地価は下がってますけど、同じペースでは賃料は下がってないわけでいったん簿価を市価まで切り下げ特損だせば、その後の表面利回りは改善するはずですし。

私はそんななか、
【8924】 リサ・パートナーズ (東証1部)
【8890】 レーサム (JASDAQ)
【4314】 ダヴィンチ・ホールディングス (HC)
あたりをウォッチしてます。

つい期待してしまいます。

頑張れニッポン!

[ 2009/01/14 22:52 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。