富士通、次世代スパコン輸出へ…世界市場再参入 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 富士通、次世代スパコン輸出へ…世界市場再参入ホーム > 経済ニュース > 富士通、次世代スパコン輸出へ…世界市場再参入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

富士通、次世代スパコン輸出へ…世界市場再参入

富士通が来年度から、約10年ぶりに最先端スーパーコンピューターの輸出を再開するとのニュースが。
 現在世界で最速のスパコンよりも5~6倍演算速度が速い次世代スパコンで、海外からの評価も高いとのこと。

800台以上の小型コンピューターを組み合わせ、演算速度が世界最速クラスのスパコンはもちろん、各国が開発中の次世代機の中でも最高水準とのこと。

実際、グーグルとかが行っている大量のデータを高速に処理し、電気も節電できる、みたいな方向性と比べて、方式の優位性はどうなんでしょうね。

高速処理というだけであれば、現在の技術競争のマッピングの中で、実際にはどのあたりのポジションなんでしょうか。

研究所レベルの技術なのか、実用化している(経済合理性も含む)レベルなのか、この後実際に大規模な海外のプロジェクトに採用されていくか否かで、輸出可能なところまで仕上がっているのか判明しますね。

こういう技術で、輸出していく製品は、減っていると思うので、プロジェクットとしては成功して欲しいですけども。

富士通、次世代スパコン輸出へ…世界市場再参入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101225-00000847-yom-bus_all
(yahooニュースより)

富士通が2011年度から、約10年ぶりに最先端スーパーコンピューターの輸出を再開することが25日、わかった。

 現在世界で最速のスパコンよりも5~6倍も演算速度が速い次世代スパコンで、海外からの評価も高いためだ。日本のスパコンは、00年代前半までは米国などを脅かす存在だったが、開発競争に敗れて輸出市場から事実上撤退していた。輸出再開が日本のスパコンが復権する足がかりになることが期待される。

 富士通が輸出するのは、独立行政法人・理化学研究所と共同開発中の次世代スパコン「京」の同型機だ。800台以上の小型コンピューターを組み合わせ、毎秒1京回(1兆の1万倍)の計算ができる。一般的パソコンの約20万倍の性能で、演算速度は世界最速クラスのスパコンはもちろん、各国が開発中の次世代機の中でも最高水準という。日米欧など7か国・地域の国際共同による熱核融合実験炉(ITER)のフランスにある運営機構への輸出に向けた協議に入っている。

[ 2010/12/26 09:56 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。