転職ブラック企業の見抜き方 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 転職ブラック企業の見抜き方ホーム > 経済ニュース > 転職ブラック企業の見抜き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

転職ブラック企業の見抜き方

転職ブラック企業の見抜き方と題した記事が出てましたけど、そうだなと思う部分とそうでない部分とがあるので、コメントを。
求人情報
1.求人広告を常に掲載している
2.ハードルの低さが強調されている
3.給与が異常に高い
4.仕事内容が「よくわからない横文字」である
5.社員数に対して、求人数が多い
ウェブサイト
1.ホームページが稚拙である
2.「良い社風」だけが強調されている
3.ネット上で「ブラック」の噂がたっている
と分かれているのですが、
求人情報の1も、まあ例外はありますよね、急速に拡大し絶えず採用しているところ。最近だとグルーポンとか。
2はどうですかね、あまり判断材料にならない気はします。
3は不人気業種なのに、給料が高いということですかね。歩合がどうのっていう話は受けにいけばわかることですし。
4,5もまあ参考にはなりますけども、こういう基準で見抜ける感覚がちゃんとある人は、最初からブラック企業には入らないですよね(笑)

WEBのほうは、1ホームページの出来不出来は担当者スキルであまり関係ないような。
2 良い社風も、本当にいいところもありますからね。
3 2chや転職掲示板でかなりたたかれている。これは間違いなく参考になります。
この記事を見る限り、即効性の高い、これだけでいいような。

ほかは、実際に遅い時間にその会社に行き、電気がついてたくさん残れっていれば残業がおおい会社ですし、社員の働いている顔つきを見に行けば、ほとんどのことがわかると思うんですけどもね。
軍隊っぽい会社なのか、過酷労働の会社なのか、雰囲気がよく従業員の人間関係もスムーズな会社なのかどうかは、行って見る、とか中の人に話を聞く、というのが早いし確実ですよね・・・

転職ブラック企業の見抜き方
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110111-00000002-president-bus_all
[ 2011/01/11 21:27 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。