NTTドコモ、今期のスマートフォン販売は200万台をうかがう勢い=副社長 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > NTTドコモ、今期のスマートフォン販売は200万台をうかがう勢い=副社長ホーム > 経済ニュース > NTTドコモ、今期のスマートフォン販売は200万台をうかがう勢い=副社長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

NTTドコモ、今期のスマートフォン販売は200万台をうかがう勢い=副社長

NTTドコモのスマートフォン、計画よりも売れているようですね。
魅力的なアンドロイド端末が増えてきたことが要因でしょうけども、徐々に選択肢が増えてきましたしね。
2011年2月発売の機種の販売が本格稼動すれば、数字的にも結構行きそうですよね。

最初のアンドロイド端末は、不具合、操作性等から買い控えていたひとも、次回機種は買うでしょうしね。

それに現在も、REGZAPhoneとかドコモショップに行って買おうとすると、入荷待ちで、2週間ぐらいと言われますしね。
昨年12月発売の機種も、まだまだ売上を伸ばしそうです。

ソフトバンクのiPhone1人勝ちだった状況からは大きく変わりそうですね。

ただ幅広いユーザーが使い始めたことで、スマートフォンのデメリットも明らかになっていきますよね。

はっきりいって、ある程度PCを使いこなせているユーザーじゃないと、スマートフォンって、あまり使えないですよね。
既存の携帯になれているユーザーにとっては、フリーズしたりとか耐えられないと思います。
ブログの更新に絵文字、写真をアップするときとか、結構フリーズするんですよね。

どうにかならないものですかね・・・

NTTドコモ、今期のスマートフォン販売は200万台をうかがう勢い=副社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110114-00000039-reu-bus_all
(yahooニュースより引用)

NTTドコモ<9437.T>の辻村清行副社長は13日、ロイターのインタビューで、2011年3月期のスマートフォン販売が「200万台をうかがう勢い」で推移していることを明らかにした。

 通期の計画は130万台で、4―9月期の実績は約60万台だったが、現時点で100万台を突破したという。下期以降に、韓国サムスン電子<005930.KS>製の「ギャラクシーS」など品揃えが充実したことで、加速度的に販売が伸びているという。以下略

[ 2011/01/14 16:53 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。