過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付け マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付けホーム > 経済ニュース > 過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付け

この産経新聞の記事書いた人、かなり年代が上なんだろうなというのがよくわかります。
実際に草食系と呼ばれる男子を知らないし、今の若い人の感覚がまったくわかっていないのでしょうね。
タイトルの「過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付け」が若い世代ならありえないことがわかります。
なぜなら、もう今の若い草食系の男子は、彼女を欲しいと思っていないし、女の子も追いかけていないからです。

離れているのは車だけではなくて、恋愛もです。

なので、記事にあるような「助手席に乗せて、ドライブしたい」もなければ、「男の夢は車と女」というのもまったくないわけです。

車にのらず、ナンパもしない、とかそういうレベルじゃないんです。

私自身は、こういう傾向って、深刻だと思います。

一部の複数の異性と付き合う人と、まったく誰とも付き合わない人。

いま少子化といわれている世代は、仕事とお金の関係だったりしますけど、もっと下の世代は、恋愛をする人自体も減っているわけで、未婚率はより深刻なレベルになると思います。

消費、車とかの前に、こういう問題を個人の自由とかたづけてしまっていいのか、問題を掘り下げ国として考えなければいけないのか、実は後者な気がするんですけどもね・・・・

過激!クルマ離れの草食系男子もクギ付け
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110115-00000576-san-bus_all
(yahooニュースより)
 

16日まで千葉市の幕張メッセで開かれている世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2011 with NAPAC」。ど派手な改造車に負けない過激なコスチュームで来場者の目をくぎ付けにしているのが、各社のブースを彩るコンパニオンたちだ。誰でもいいから助手席に乗せて、どこまでもドライブしたい!!

 オートサロンは、大手自動車メーカーからカスタムショップまで361社が参加しているだけに、コンパニオンも色とりどり。最近は抑え気味の東京モーターショーに比べ、過激で華やかだ。

 やっぱり男の夢は「車と女」。彼女たちなら、メーカー各社を悩ませる“草食系男子”のクルマ離れもきっと食い止め、救世主となってくれそうだ。


[ 2011/01/16 10:43 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。