チュニジアとウィキリークスとFacebook マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > チュニジアとウィキリークスとFacebookホーム > 経済ニュース > チュニジアとウィキリークスとFacebook

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

チュニジアとウィキリークスとFacebook

チュニジアで起こった革命は、ウィキリークスとFacebookがきっかけだとの記事、ブログをあちこちで見かけますが、本当にすごいことですよね。確かに今までの革命とは違いますね。
ウィキリークスのような情報公開サイトにより、情報統制がきかず、
フェイスブックのようなネットワークツールで、あっというまに人と人がつながる、
歴史に残る出来事になると思います。

チュニジアの「ジャスミン革命」はフェイスブックとウィキリークスが決定的な役割を果たした最初の革命
http://markethack.net/archives/51677487.html

フェイスブックのようなSNSは、情報の伝達においても、人員を組織して動きたいときにも、効果的に活用すれば、人から人へ、あっというまに広まります。

つい先週末、Facebookの創業者を描いた映画、ソーシャル・ネットワークを見てきたばかりなのですが、フェイスブック自体の広がりもあっというまに若者に広がりましたよね。
元は単なるハーバード大学内のサイトだったのに。

そこでつながっているネットワークは、バーチャルなようでバーチャルじゃない、リアルとリアルが簡単につながっていられる便利なツール。
情報共有が容易で、誰が何をして誰とつながっているかを簡単に把握でき、いざインパクトのある出来事、何かが動きだせばあっというまに口コミで広がる。

これからの世の中は施政者にとっては、不都合なことを隠したり、人と人と分断することが難しくなっていくのでしょうね。

今回のチュニジアの動きは、その大きな1歩目からもしれません。

<チュニジア>新内閣発足へ 治安早期回復、最初の任務に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110117-00000024-mai-int
[ 2011/01/17 12:47 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。