首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加ホーム > 経済ニュース > 首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加

2010年の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)のマンション発売戸数は、前年比22%増の4万4535戸となり、6年ぶりに増えたとのニュースが。過去最多の2000年(9万5635戸)と比べると、半分以下の水準とのこと。ただまあ、下げ止まったというのはプラスですよね。
賃料相場はそこまで下がっていないので、ある一定の価格で止まるんでしょうけども、高い時期に土地を買って仕込んでいた物件はもう一巡し、物件として出てくるのは、土地が下がった後購入しているところが増えてきていることもあり、リーズナブルな水準まで下がってきていたというのもあるのでしょうね。

価格面でも、平均価格は4716万円と前年より4%上昇とのことなので、件数も増え、価格も上がれば、不動産市況にも、少しは明るい兆しが出てきたということでしょうか。

菅内閣が明らかに消費税増税体制にシフトしてきているので、消費税増税前の駆け込み需要も、今後期待されるかもしれませんね。

 今回の結果を発表した不動産経済研究所では、11年の発売戸数は5万戸程度に増えると予想しているようです。

首都圏マンション発売戸数、6年ぶりに増加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000887-yom-bus_all
(yahooニュース)

株も、不動産も上がり、景気が少しでも回復するといいですね^^
[ 2011/01/20 15:50 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。