シャープが台湾 AUO を米国で提訴 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > シャープが台湾 AUO を米国で提訴ホーム > 経済ニュース > シャープが台湾 AUO を米国で提訴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

シャープが台湾 AUO を米国で提訴

シャープが、米国国際貿易委員会(ITC)で、台湾の AU Optronics (AUO)とその顧客である液晶テレビならびに液晶モニターのセットメーカーを提訴、同時にAUO を、デラウエア州地方裁判所にも提訴したとのニュースが

シャープ、台湾液晶ディスプレイメーカー AUO を米国で提訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000005-inet-inet

対象となる液晶関連特許は7件ということですが、製造プロセスですかね、製品構造ですかね。

台湾の製造メーカーは、基本的には製造ラインは、すでに日本メーカーが製造プロセスとして確立した工程をそのまま使っていることも多く、その製造プロセスは工夫と特許のかたまりですからね元々が・・・

定年になった日本の技術者や、リストラになった技術者、あるいは昔は週末の高額アルバイト等をもちかけ、ノウハウ、製造技術をとりこんでいったわけですからね。

今回の提訴は、それが目に余るということへの対処なのでしょう。

顧客の液晶テレビメーカーも提訴相手に含まれているところも、ポイントですね。

こういうケースは、相手の顧客も巻き込まないと、実質的なダメージを与えられないのでしょうね。

国益という観点からしても、せっかく確立した技術が、海外でこういう形で使われるのは防がないといけないわけですから、1メーカーにまかせるわけではなく、相手が明らかに悪質なケースでは、何らかのサポートを行うぐらいのスタンスが必要ですよね、国としても。
[ 2011/01/26 01:01 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。