国債格下げが、増税への催促とは・・・  マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 国債格下げが、増税への催促とは・・・ ホーム > 経済ニュース > 国債格下げが、増税への催促とは・・・ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

国債格下げが、増税への催促とは・・・ 

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本国債格下げに踏み切った背景には、菅直人政権に対する不信感とのこと。今回の格下げで、与謝野馨経済財政担当相は「格下げは消費税増税を早くやりなさいという催促だ」と「外圧」を世論誘導にうまく使おうという姿勢を見せているようですね。

国債格下げ 迫られる財政再建 経財相「増税への催促」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110128-00000005-maip-bus_all
(毎日新聞  yahooニュースより)

実際に消費税をただ上げればいいというものではないと思いますが、政府に何の実行力もない、一貫したスタンスがない、ということが問題なのでしょう。

景気対策にドンと使う、消費税を増税して、基礎的財政収支を黒字化する、等どう動くにせよ、それなりのロジックを用意し、関係者を説得し、ある程度国民の理解も得てやる、という実行力がない、ということなのでしょうね。

ムーディーズなどほかの格付け会社にも格下げの動きは広がるんでしょうね、国債に関して明るいニュースはありませんからね。

しかしこれだけの額が国の借金として定着していて、それでもまだ新規に国債を発行できる国って、そうないですよね。引き受ける日本国内の個人、会社がおめでたいのか、ボケているのか、国としての潜在力がすごいのかどうなのか、はたして・・・
[ 2011/01/28 09:40 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。