米国株式市場が続落、大幅な米マイナス成長などで マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 米国株式市場が続落、大幅な米マイナス成長などでホーム > 株式関連 > 米国株式市場が続落、大幅な米マイナス成長などで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

米国株式市場が続落、大幅な米マイナス成長などで

アメリカは今まだ膿を出している時期ですから、決算も悪いはずですよね。
不良債権買い取り機関(バッドバンク)設立、最初のリリースの時に期待感が大きかっただけに、その後具体的に進展しないと、市場からはマイナス要素として評価されてしまいますよね。

しかしそれにしてもこの環境のなかで、好決算&株価上昇のamazon、強いですねー
やはりネットでものを買う人の層が増えていくスピードが景気が減退し、消費が落ち込むスピードを上回っているということなのでしょうね。

日本でも楽天とか、本業は調子良いようですしね。

米国株式市場が続落、大幅な米マイナス成長などで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090131-00000166-reu-bus_all
[ニューヨーク 30日 ロイター] 米国株式市場は続落。2008年第4・四半期の米成長率が27年ぶりの大幅なマイナスになったことが圧迫した。月間のダウとS&P500指数の下落率は1月としては過去最大となった。
 不良債権買い取り機関(バッドバンク)設立をめぐる不透明感から地合いが一段と悪化し、シティグループが9%、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が3%それぞれ下落した。
 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、08年10─12月決算が市場予想を下回ったことから6.4%下落しダウを押し下げた。
 ダウ工業株30種は148.15ドル(1.82%)安の8000.86ドル。
 ナスダック総合指数は31.42ポイント(2.08%)安の1476.42。
 S&P総合500種は19.26ポイント(2.28%)安の825.88。
 月間ではダウが8.8%、S&Pが8.6%下落し、1月としては過去最大の下げとなった。ナスダックは6.4%安。
 アナリストによれば、景気鈍化の影響を受けにくいとされる銘柄が大幅安となり、市場の悲観的なムードが際立つ形となった。
 クラフト・フーズは4.2%安。
 3Mは4.9%安。前日発表した決算が減収減益となったことを受け、バークレイズとJPモルガンのアナリストが目標株価を引き下げたことが材料視された。
 シティやバンカメなどが売られ、S&P金融株指数は2.5%下落した。
 CNBCテレビが30日、関係筋の話として報じたところによると、バッドバンクをどう機能させるかをめぐり米政策当局者の間でコンセンサスは得られておらず、構想そのものが進展しない可能性がある。
 アップルが3.1%安となる一方、アマゾンは好決算を受けて17.6%高。

[ 2009/01/31 09:29 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。