ユニクロ、12年採用の8割1050人を外国人だそうです マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > ユニクロ、12年採用の8割1050人を外国人だそうですホーム > 経済ニュース > ユニクロ、12年採用の8割1050人を外国人だそうです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ユニクロ、12年採用の8割1050人を外国人だそうです

国際化を加速させているユニクロ(ファーストリテイリング)が、2012年の採用のうち8割を外国人とするとのニュースが。アジアを中心に年300店ペースとのことですから、現地の店長だけでなく、管理部門の幹部社員候補も外国人にしていくようです。

12年採用の8割1050人を外国人 ファストリ、国際化加速
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110203-00000538-san-bus_all
(yahooニュース)

11年の内定者も、1000人のうち750人が外国人とのことなので、すでに75%まではいっていたんですね。

海外現地の大学で説明会を開くなど、採用活動を進めているとのことなので、一時的なものではなく、今後も積極的に採用するのでしょう。

日本人の店長や本部の管理職など約900人全員を5年以内に海外で勤務させる方針も先日報道されており、急速なグローバル化を推進していますね。

このあたりは柳井さんならでは戦略ですよね。雇われ経営者では厳しいと思います、この実行力は。

国内のこういう業態で、ここまでグローバル化に挑戦した企業は、いままでないと思います。

このモデルで成功すれば、ある意味、日本とグローバルをつなぐ人材が、相当数育ち、将来、ほかの会社に人材が散らばることにより、いい影響がある気がします。

かつてのリクルートや、いまのサイバーエージェントのように、人材輩出企業にもなってもらいたいですし、ユニクロには、ぜひ成功してもらいたいですね^^
[ 2011/02/03 14:52 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。