米失業率1月も改善のニュースが マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 米失業率1月も改善のニュースがホーム > FX関連 > 米失業率1月も改善のニュースが

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

米失業率1月も改善のニュースが

FXにおける重要な統計指標である米国の雇用統計で、失業率が9.0%と前月比で0.4ポイントの低下となったとのニュースが。1年9ヶ月ぶりの低い水準であり、市場予想を大きく上回ったのも大きいですね。

<米失業率>1月も改善9.0%に 0.4ポイント低下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000128-mai-bus_all

結構インパクトがある数字だったので、為替もう少し大きく動くかと思いましたが、そこまでではなかったですね。

しかし米国の雇用市場の着実な回復ぶりは意外ですね。まだしばらく米国は苦戦すると見ていたので。

昨日まで豪ドル中心に中期的なディールを行っていましたが、米ドルが動き始めるとなると、主戦場をドル/円に戻そうか迷い中です。

以前は、ポンド、その後米ドル、そして豪ドルと中心を変えてきましたが、やはり動くのであれば米ドルがやりやすいなと。

そういう意味からも、ずっと米国経済には注目しているのですが、やはり今年はオバマさんが維持でも経済を上げてくるとは思うので、回復基調にあると見ていいのか、悩ましいところです。

ただいずれにせよ、上に動くにしろ、下に動くにしろ、しばらくエネルギーがたまって、見定めているところだと思いますので、動き始めたら、結構動くかなと。

今後も、米の経済指標は注視していきたいと思います^^
[ 2011/02/05 01:58 ] FX関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。