2011年度は成長戦略への投資を実施へ=ソニーCFO マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 2011年度は成長戦略への投資を実施へ=ソニーCFOホーム > 株式関連 > 2011年度は成長戦略への投資を実施へ=ソニーCFO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

2011年度は成長戦略への投資を実施へ=ソニーCFO

ソニーの加藤CFOが、2011年の事業計画についてインタビューに答えて記事になっていますね。
ポイントは、
・液晶テレビはまだ赤字だけども、市場の伸びについていくよう続ける
・投資は増やす、CMOSイメージセンサーが代表例
・有機ELは、とりあえず業務用。コンシューマー向けは未定
・PS3が逆ザヤが解消し、ハードでもソフトでも儲かる体制に
あたりでしょうか。

インタビュー:2011年度は成長戦略への投資を実施へ=ソニーCFO
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110208-00000322-reu-bus_all
(ロイター yahooニュースより)

液晶テレビのパネル調達は、とれる戦略がいろいろあるので、判断が難しそうですね。
1)サムスン電子との合弁
2)シャープとの合弁
3)オープン市場
とあるわけですから、パネルのサイズ、市場価格の状況によってフレキシブルに行いたいとの意図はわかりますが、シャープの件の追加出資の決断とかはせまっているわけですからね。

いずれにせよ、2010年12月末のBSで金融事業を除いても、7738億円の現預金があるとのことなので、投資余力はありますよね。コストカットが実を結んでいるということでしょうか。

今、モンスターハンター3の大ヒットで品薄になっている携帯型ゲーム機PSPですが、後継機のNGPもソフト次第では、かなり期待できると思いますが、まだ値段も未定なのですね。

PSPは、当初苦戦していましたがキラーコンテンツが出るたびに販売台数を伸ばし、今でも売れているわけですから損益分岐を超えたあとのハードはもうかりますね・・・

何気にソニー、気になっています^^
[ 2011/02/08 09:01 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。