中国が預金金利と貸出金利を25bp引き上げ マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 中国が預金金利と貸出金利を25bp引き上げホーム > 経済ニュース > 中国が預金金利と貸出金利を25bp引き上げ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

中国が預金金利と貸出金利を25bp引き上げ

中国人民銀行(中央銀行)は2月8日、1年物預金金利は25ベーシスポイント(bp)引き上げ3%に、年物貸出金利も25bp引き上げられ、6.06%にとのニュースが。
金利引き上げはインフレ阻止の明確なメッセージですよね。

というのも、中国の2010年12月の消費者物価指数上昇率は、前年比4.6%で、2010年11月の5.1%からは鈍化したものの、1月からはまた加速すると見られているようです。

食料品の価格が上がると、そのペースでは給料が上がっていかない労働者にとって、日常の生活が苦しい、負担感が顕著にあらわれ、暴動、政府への不満につながるリスクが高まるからでしょう。

不動産価格、株価が動くのとは異なり、日用品の物価がジリジリ上がっていくことには敏感に反応する消費者が多いのでしょうね。毎日の生活のことですから。

しかし日本のように、デフレ生活が長い立場から見れば、贅沢な悩みというか、取れる戦略が多岐にわたっているだけに、うらやましいですね・・・

中国が預金金利と貸出金利を25bp引き上げ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110208-00000514-reu-bus_all
(ロイター yahooニュース)
[ 2011/02/09 13:42 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。