家賃保証と個人情報の問題 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 家賃保証と個人情報の問題ホーム > 経済ニュース > 家賃保証と個人情報の問題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

家賃保証と個人情報の問題

元々保証人の変わりを行うビジネス自体、結構疑問を感じていました。
悪質なところも多く、何度もTVのニュースでも取り上げられています。
今回問題となっているのは、そういった悪質な中小の業者ではなく、信販会社大手が力を入れている家賃保証サービスにおける個人情報の扱いです。

仕組みとしては、マンションを借りる際に必要となる保証人のかわりに、保証会社に一定の保証料を払うことによって、連帯保証人のかわりになってもらうビジネスです。
オリエントコーポレーションやジャックス、アプラス等の信販会社が力を入れており、ビジネス自体はグレーなものではなく、保証人を頼める人がいない人にとって必要なサービスです。

今回問題となっているのは、大手信販会社が家賃保証の契約を結ぶ際に、信用情報機関のデータベースを使用してチェックしているのでは、という点です。

信販会社が注力する家賃保証で個人情報の扱いに付く疑問符
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110214-00000000-diamond-bus_all
(ダイヤモンド・オンライン yahooニュース)

本来は消費者金融での借り入れや、クレジットカードの申し込みの審査のためのDBであり、賃借契約で使うのは、逸脱した利用法です。

現在、これらに対応する法案が国会に提出されているとのことで、何らかの対策が行われるんだと思いますが、保証業務を行う側からすると、信用情報を確認せずに保証業務を提供することになるわけで、賃貸物件を借りる側からすると、家賃保証の審査が厳しくなって大手信販会社に受けてもらえず、よりグレーなところに流れていく、ということも予想されますよね。

不景気になると、家賃滞納も増え、空き室率も増え、マンションオーナーー側も必死になることでしょう。

今後、この近辺には、いろいろ問題が発生しそうですね・・・・
[ 2011/02/14 15:35 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。