産業革新機構が全日空系LCCに出資 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 産業革新機構が全日空系LCCに出資ホーム > 経済ニュース > 産業革新機構が全日空系LCCに出資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

産業革新機構が全日空系LCCに出資

全日本空輸と香港投資ファンドが出資して設立したLCC「A&Fアビエーション」に、官民共同投資ファンドが出資とのニュースが出ていますね。産業革新機構のデューデリは長いと評判ですが、大企業が設立した会社への出資はスムーズですね。

今回の案件は官製ファンドではなくても、民間ファンドでも出し手があったと思います。
資金ニーズがある業態なので、民間の金融機関でも全日空の親密先は出したかったのではないでしょうか。

航空会社なので、損保も有力な株主候補先でしょうし。最近日本航空が増資を発表したことを考慮しても、全日空のLCCが調達できないとは考えられません。

産業革新機構には、もう少し技術よりのリスクはあるものの、日本の将来につながる技術か、海外の権益確保等、国益につながるところで、民間ではリスクリターンの関係で手が出しづらいところに出資して欲しいですよね。

民間のファンドや金融機関と案件で競って入って、どうするんでしょうかね・・・
 
それに出資比率が20%とのことなので、それなりの発言権は持つことになります。LCCの経営の機動性が失われないといいんですけどもね。

全日空系LCCに官民共同ファンド20%出資へ 機材調達に弾み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000518-san-bus_all
(yahooニュース)

しかしアジアは本格的なLCC同士の競争になっているなか、新規参入も大変ですよね。

2年かけて10機ということなので、国内線と国際線となっていますが、やはり国内線が中心になるんでしょうかね。

コストの面で、関空が拠点のLCCが海外格安LCCと競うのは厳しそうですからね・・・・


[ 2011/03/01 10:23 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。