「プリウス」が首位に返り咲き マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 「プリウス」が首位に返り咲きホーム > 経済ニュース > 「プリウス」が首位に返り咲き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

「プリウス」が首位に返り咲き

プリウスが首位に返り咲きのニュースが。2月の国内新車ハンバイランキングで、ホンダのフィットを再び抜いたとのこと。
ただ前年同月比は29.2%減と、かなりの減少ですよね。
対するホンダフィットは20.8%増。
追われていますねー。

プリウス、1か月で首位奪回…2月新車販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000474-yom-bus_all
(yahooニュース)

1月にはフィットとダイハツムーブに抜かれていたものの、やはりプリウスのブランドは健在、ただし売り上げは落ちてきているということでしょうか。

しかし3位がヴィッツですが、4位ムーヴ、5位ワゴンR、6位タント、8位アルト、9位ライフ、10位モコ、と軽自動車への流れも止まりませんね。

大型、スポーツカー、4WDの時代は、もうしばらく来ないかもしれませんね。

やはり世の中のデートが節約志向になり、所有するよりも、時間を楽しむ余暇がにぎわっていますしね。

車の場合は、維持コストもかかりますから、ステータスみたいなものさえ気にしなければ、乗るときだけ借りるほうが経済合理性は高いですからね。

また移動のツールとしては、HVや軽は優秀です。

軽自動車で、高速道で半日かけて出かけるようなときは、腰や背中が痛くなりますが、それでも以前に比べれば室内の快適性はあがっていると思います。

今後、日本の車マーケットがどうなっていくのか。

少子高齢化も進んでいますが、非婚化も進んでおり、都会での1人暮らしで車を所有する人は、よほどの車好き。

ネガティブな要因ばかりある国内市場ですが、トヨタのような会社には、プリウスが売れているからHVにシフトする、とかではなく新しい車ライフの提案、極端にいえば、次世代の移動ビークルというレベルまで踏み込んで、市場で競争するのではなく、新しい市場を作り出すぐらいの気合を期待したいです^^

「プリウス」が首位に返り咲き 2月の車名別販売ランキング
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000531-san-bus_all
[ 2011/03/04 14:52 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。