ルイ・ヴィトン、ブルガリ買収へ マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > ルイ・ヴィトン、ブルガリ買収へホーム > 経済ニュース > ルイ・ヴィトン、ブルガリ買収へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ルイ・ヴィトン、ブルガリ買収へ

フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンなどを傘下に持つモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)が、ブルガリを買収するとのニュースが。巨大コングロマリットであるLVMHが、知名度も高いブルガリを買収とは、ますます業界での影響力、支配力を持ちますね。この事業はおそらくブランドのラインナップをそろえればそろえるほど、時代の流行廃り、新興国での好まれる価格帯、嗜好、いろんなパターンにあわせられるようになりますし、運営ノウハウ、若手デザイナー発掘、等、シナジーがありそうですよね。

ブルガリの時価総額は約2600億円とのこと。かなりいい値段ですね。株式交換でのM&Aなので、このぐらいの時価総額でやると、ブルガリの経営者一族が相当シェアをLVMHで持つわけで、そういう意味では買収されたあとも、相応の影響力は持ち続けられそうですよね。

<ルイ・ヴィトン>ブルガリ買収へ 7日正式発表…英紙報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110307-00000014-mai-bus_all
(yahooニュース)

こういう形でのM&Aが成功すれば、記事本文にあるように、20%を持つものの、Win-Winの関係が築けていないエルメスのような先との関係も前進するかもしれません。

グループに参加するメリットデメリットを明示し、透明性の高い運営を行えば、参加ブランドも増えるかもしれませんね^^
[ 2011/03/07 11:16 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。