NY原油が2年半ぶり高値 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > NY原油が2年半ぶり高値ホーム > 経済ニュース > NY原油が2年半ぶり高値

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

NY原油が2年半ぶり高値

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場にて、2008年9月下旬以来の高値1バレル106.95ドルをつけたとのニュースが。じりじりと上昇していますね、原油価格。
TVのニュースでもガソリンの値上がりがニュースになり、ガソリンスタンドの値段表示を上げていく様子が報道されています。

原油の価格高騰は、ガソリン価格だけではなく、洋服、食料品等あらゆるものに影響します。

NY原油、一時107ドル目前=2年半ぶり高値
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110308-00000019-jij-int
(yahooニュース)

やはり中東情勢の緊張と、ヘッジファンドの復活あたりが原因でしょうか。

ただでさせ、新興国の成長により、原油の世界的な需要は増加傾向にあるなか、中東の政情が不安定になれば、価格上昇は仕方がないところ。

そして価格が上昇すると見込んでいるプレイヤーが多ければ、そちらに張るヘッジファンドの資金が投入され、ますます価格が上昇するという感じでしょうか。

探索・採掘技術が進み、深海油田等、中東以外の資源開拓を進めるのと、次世代環境技術が進歩することしか、ないですよね。

中東情勢は、短期間で解決する問題ではなさそうですし、常に起こりうる危機だと思います。

日本のように、原油を輸入に頼っている国は、深海資源の活用等に本腰を入れる必要があると、こういうニュースを見るたびに感じます・・・
[ 2011/03/08 10:14 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。