4日東京株式、日経平均大幅反発・内需輸出ともに上昇 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 4日東京株式、日経平均大幅反発・内需輸出ともに上昇ホーム > 株式関連 > 4日東京株式、日経平均大幅反発・内需輸出ともに上昇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

4日東京株式、日経平均大幅反発・内需輸出ともに上昇

今日の反発は、完全に前日の米国株高の影響ですよね・・・
日銀の銀行保有株の買い入れの発表は昨日で、それほどポジティブ材料視されなかったですし。

まだまだしばらく米国の株価に振り回されるのでしょうが、期待しすぎで結果は厳しいことになると言われているオバマさんのほうが、我が国の首相よりもはるかに期待できるのは事実ですから、それはそれでいいのかもしれません。

内需、という意味では、一部分の支出を絞る動きはあるものの、都市部の繁華街に出れば、不景気もなんのその、まだまだ購買意欲のある層もいるんですよね、この国は。

確かに貯蓄率が高いことのデメリットも過去ありましたが、こういう世界経済のときに、最低限の支えとなる内需がある、というのは心強いです。

新興株の中でもそろそろ反発してきている銘柄が出始めていますし、今年の後半に向けて、さらに上昇してもらいたいところです。

4日東京株式、日経平均大幅反発・内需輸出ともに上昇
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000005-tcb-brf
【Technobahn 2/4 17:00】4日の東京株式市場は大幅反発。日経平均株価は前日比213円43銭(2.73%)高の8038円94銭で取引を終えた。

前日の米国株が大幅高となったこと、更に円相場に関しても円安方向に振れるなど外部環境の改善や、前日に発表となった日銀による銀行保有株の買い入れや、4日付けの日経新聞によるエルピーダの公的資金注入報道などを受けて内需関連株から輸出関連株まで幅広い銘柄に押し目買いが広がったことが今日の指数反発につながった模様だ。

業種別では鉱業やガラス土石製品や非鉄金属など33業種中31業種が上昇。食料品や小売業など2業種が下落。騰落数でも値上がり銘柄数は1202に達した。

東証1部出来高は20億4257万株、売買代金は1兆3935億円となった。

ただし、米国経済の先行き懸念は根強く、

02月04日(水)東京株式市場情報
日経平均株価
大引 8038.94 (213.43)
始値 7897.24
高値 8084.97
安値 7863.65

◎TOPIX
大引 792.78 (18.99)
始値 779.56
高値 795.53
安値 776.15

[ 2009/02/04 19:49 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。