農産物から放射性物質も、冷静に対応を マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 農産物から放射性物質も、冷静に対応をホーム > ニュース > 農産物から放射性物質も、冷静に対応を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

農産物から放射性物質も、冷静に対応を

厚生労働省の発表で、茨城県高萩市のホウレンソウからヨウ素1キロ当たり1万5020ベクレルが検出とのニュースが。この量だと人体に影響を及ぼすレベルを摂取するには4200人分とのこと。
また空から降ってきた放射性物質は水で洗えば落とすことができるため、水洗いして食べれば、ほとんど落ちてしまうだろうとのこと。

今後おそらくこういった農産物の出荷制限が問題になってくるのでしょうね。
厳しい基準というのをどこにおくのか。
過剰に規制すると、被災地の復興にマイナスですし、周辺エリアへの風評被害も広がりを見せるでしょう。

かといって、まったく野放しということになると、消費者が疑心暗鬼になります。

農産物から放射性物質 「妊婦・子供も問題なし」 冷静対応を呼びかけ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000115-san-soci
(yahooニュース)

今後、政府は難しい対応を迫られると思いますが、今まで世に出てきているニュースを見る限り、幼児、妊婦さんでも影響がないレベルとのことなので、それほど過剰に反応しないほうがいいかと思います。

実際に、しばらく福島、茨城の農産物どころか、東日本全体の農産物をできるだけ避ける、という主婦まであらわれているようなので。

小さい子供をかかえたお母さんが子供への影響を心配して、できるだけ避けるに越したことはない、と考えるのを責められませんが、マスコミの過剰報道が危機をあおっている面もあると思うので、大丈夫なことは大丈夫、と報道してもらいたいですね^^
[ 2011/03/20 12:21 ] ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。