風評被害抑えるための出荷停止 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 風評被害抑えるための出荷停止ホーム > 経済ニュース > 風評被害抑えるための出荷停止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

風評被害抑えるための出荷停止

福島、茨城、栃木、群馬4県のホウレンソウとカキナ、福島県産の原乳について出荷停止に踏み切りましたね。
テレビのニュースであれだけ連日、ホウレンソウから放射性物質が検出されました、と報道していれば、それは風評被害は広がるわけです、規制値よりはるか下のほかの野菜にも。
というわけで、範囲と対象物を明確にすることにより、風評被害の広がりを抑えるという決断になったのでしょう。

今朝のニュースでも、放射能の専門家が食べても"基本的に"問題ありません、とコメントし続けていましたけど、実際に福島及び福島近隣が産地の野菜が売れ残っている報道も同時にされています。

ああ、やっぱり他の人も買わないんだわ、と思った主婦も多いでしょう。

マスコミの報道を見ていると、風評被害もなにも、買わない方向に誘導しているようにしか見えません。

<福島第1原発>農産物出荷停止 風評被害拡大抑える狙い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000101-mai-soci

「過剰な心配で強いストレスを抱える方が体に悪い」といわれているように、ストレスによる健康被害のほうが深刻な状況になってくると思います。

うちの実家で年老いた両親も、いつニュースで地震・原子力の緊急ニュースが流れるかわからない、とTVニュースを見続けています。1週間以上毎日あれだけのネガティブな報道を見続けていればストレスもたまりますよね・・・

今回の東京電力福島第1原発の件だけでも、早く解決してもらいたいですね^^
[ 2011/03/22 08:57 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。