自動車業界の深刻な状況 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 自動車業界の深刻な状況ホーム > 経済ニュース > 自動車業界の深刻な状況

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

自動車業界の深刻な状況

自動車業界、本当に深刻ですね。
ここ数日のニュースを見ているだけでも、強く感じます。

国内は右肩下がりの市場で、海外も欧米を中心に冷え込んでいる状況。
テレビをつければ、ゴーンさんをはじめ、自動車業界の経営者達が深刻な状況を語っているのをみかけます。


<ダイハツ>モータースポーツ撤退 景気悪化で販売低迷
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090113-00000114-mai-bus_all
ダイハツ工業は13日、世界景気の悪化に伴う販売低迷を受け、モータースポーツ活動を取りやめることを明らかにした。運転免許を持ち、ダイハツ車に乗っている人なら誰でも参加できる「ダイハツチャレンジカップ」を昨年で終了。全日本ラリー選手権、全日本ダートトライアル選手権への参戦も、08年度限りでやめる。
 企業のモータースポーツを巡っては、ホンダがF1からの撤退を表明。スズキと富士重工業は世界ラリー選手権、川崎重工業がオートバイの最高峰レース「モトGP」からの撤退・休止を決めている。

こういう市況だと広告費からカットされるわけで、その中でもスポーツは最後のほうだろう。
いろいろな関係者がいるわけだし、撤退による企業イメージのマイナスもある。

でもなりふり構ってられない状況なんでしょうね。ホンダがF1撤退するくらいなのですから・・・


東京モーターショー開けるの?…ビッグ3など参加登録せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000006-yom-bus_all
 今年10月に開催予定の「第41回東京モーターショー」に、米自動車大手3社(ビッグスリー)など海外の主要メーカーが昨年12月末の期限を過ぎても参加登録を済ませていないことが13日、分かった。
 主催する日本自動車工業会は「引き続き申し込みを受け入れる」としているが、国内メーカーからは「海外勢が参加しなければ『国際展示会』にならない」と開催そのものを危ぶむ声も上がっている。

広告費が削減されるということは、とうぜんこのような展示会にも影響があるわけで・・・
アメリカの展示会で空いたスペースに噴水を作っている場面をニュースでみましたが、今年の東京モーターショーもスペースかなり空きがでそうですね。


トヨタ 部長級2200人、新車購入 業績回復へ「自主的」行動
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090114-00000084-san-ind
世界的な新車販売の低迷を受け、トヨタ自動車の部長級約2200人が3月末までに自社の新車を購入する取り組みを始めたことが13日、分かった。部長職の自主的な行動からスタートしたが、一部の役員も同調している。業績悪化に歯止めをかけるための異例の取り組みだ。

自動車業界のなかでもこのニュースに私は驚かされました。

「自主的」を強調してますし、トヨタの中で働いている人たちの愛社心も知っているつもりですが、こういうプレスリリースが出る時代なのだなと。

でもこの効果、売上的にはトヨタの規模にとっては微々たるものでしょうし、対外的にはプラスのイメージになるか微妙なところ。
中の引き締め(危機感増幅、団結心の強化)を狙ってなのでしょうかね。

これ彼らの下で働いている若い人はどう感じるのでしょう。聞いてみたいところです。

自動車業界はすそ野が広く、様々な業界に影響が大きく、現在の日本の産業の中では非常に存在感が大きいなか、この先が見えない深刻な状況。

これって現在の日本の閉塞感の理由のひとつにもなってますよね。

環境技術でブレークスルーがあって、インテルが一時期PCを制したように、自動車のコアパーツでも世界を制するとか、ロボット等の関連分野で新しい巨大市場を切り開くとか、大胆な進化がない限り、もう自動車業界に明るい未来がやってこない気もします。
頑張ってもらいたいところです。
[ 2009/01/15 02:28 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。