東北の企業で、新卒の自宅待機増加 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 東北の企業で、新卒の自宅待機増加ホーム > 就職 > 東北の企業で、新卒の自宅待機増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

東北の企業で、新卒の自宅待機増加

東北の企業で、今年の春入社の新入社員を自宅待機とする企業が増えているとう記事が。
内定取り消しもありますが、こういう期間未定の自宅待機ということも行われるのですね・・・
復興、生き残りが最優先なのはわかりますし、企業としては仕方の無い動きなのでしょう。

岩手、宮城、福島の営業所が通常営業に戻ることができる時期は、まだわからないというのはその通りでしょうし、仮に、拠点を閉鎖することになれば、記事本文にあるように、すでに余剰人員をかかえていることになります。

売上も前年より大幅に落ち込む企業が多いでしょうから、新入社員を抱え、研修等を行い、戦力化していく余力が無い企業も多いのでしょうね。

新入社員は自宅待機 各社「復旧を最優先」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000002-khk-l04
(yahooニュース)

東北の企業で、ことし春採用の新入社員を自宅待機とするケースが増えている。被災営業所の復旧を最優先させることなどが理由で、一部の企業は入社時期が1年後にずれ込む可能性を口にする。来春の採用活動の延期を決めた企業も多く、影響は新卒者だけでなく、来春卒業の学生らにも及びそうだ。(以下略)


記事の前半は、東北の中小企業の入社時期延期の話ですが、後半は東北地盤の大手企業の来春の採用活動の休止の話です。

この記事の構成からすると、ある程度大手は、来年の採用から抑えるということは、この4月入社の人員はそのままとるのでしょうかね。

いずれにしても、しばらく厳しい時期が続きますね・・・・
[ 2011/03/28 09:18 ] 就職 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。