米政府のバッドバンク、最大約46兆円の資産買い取りへ=CNBC マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 米政府のバッドバンク、最大約46兆円の資産買い取りへ=CNBCホーム > 経済ニュース > 米政府のバッドバンク、最大約46兆円の資産買い取りへ=CNBC

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

米政府のバッドバンク、最大約46兆円の資産買い取りへ=CNBC

アメリカでは、この規模の資産買い取りが行えるのですね。
金融機関の不良資産を買い取ることと追加の資本注入という直接的な支援でまずは金融機関を立ち直らせ、お金の血流を良くするということと、金融不安による市場の不安感を取り除くことが目的なのでしょう。

ただ、もちろん出所は税金か国の借金なわけですから、その後どうするんだという話はありますけども。

負荷テスト、私の勉強不足でちゃんとは理解できてないので、その部分にはコメントできません。
システム用語としてならわかるのですが、金融で使うとリスク管理、ポートフォリオ管理まわりの話でしょうかね。

ちょっと調べてみます。

米政府のバッドバンク、最大約46兆円の資産買い取りへ=CNBC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000549-reu-bus_all
[6日 ロイター] CNBCテレビは6日、関係者の話として、米政府の下、金融機関の不良資産を買い取る「バッドバンク」が最大の5000億ドル(約46兆円)の資産を買い取る見通しと報じた。
 金融機関はすべて同じ負荷テストが義務付けられ、政府による金融機関への追加資本注入もあり得るという。
[ 2009/02/07 10:29 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。