武田がスイス製薬大手を1.1兆円で買収 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 武田がスイス製薬大手を1.1兆円で買収ホーム > 経済ニュース > 武田がスイス製薬大手を1.1兆円で買収

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

武田がスイス製薬大手を1.1兆円で買収

武田薬品工業が、スイスの製薬会社ナイコメッドを買収すると発表したとのニュースが。
買収価格は96億ユーロ(約1兆1136億円)。日本企業が海外の会社を買うM&Aのなかでも、大きな規模ですね。
 ナイコメッドの買収による武田薬品のメリットは
・欧州や新興国での事業基盤
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の獲得
とのこと。

武田がスイス製薬大手を1.1兆円で買収、過去最大規模
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000928-reu-bus_all
(ロイター yahooニュース)

ナイコメッドは、ロシア、東欧地区、ブラジルなどに販売網を持っているとのことで、このあたりが強化されることへの期待と、新たな治療薬の獲得により、主力薬の特許切れによる減収をカバーしたい意図なのでしょう。

やはり適切な競争が起きている分野では各社努力をしていますし、いい意味で業界が活性化していますよね。

日本企業のこういう攻めの姿勢には期待したいと思います^^

今回のM&Aでは武田薬品のファイナンシャルアドバイザーはドイツ証券、ナイコメッド側はゴールドマン・サックスとクレディ・スイスとのこと。
日本の金融機関には、せめて日本企業がからむM&Aではもう少し活躍してほしいですね^^

[ 2011/05/19 16:17 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。