ムーディーズ 米国債格下げのニュースも、昔とは違いますね マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > ムーディーズ 米国債格下げのニュースも、昔とは違いますねホーム > 経済ニュース > ムーディーズ 米国債格下げのニュースも、昔とは違いますね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ムーディーズ 米国債格下げのニュースも、昔とは違いますね

米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスが米国債の格付けを引き下げ方向で見直すとのニュースが。昔はムーディーズにもう少し権威がありましたが、今は信用も失墜しましたから、影響力も下がってはいますよね。
そうはいっても金融商品を保有する金融機関にとっては、保有資産の評価額に影響するケースもありますから、まったく気にならないということはないでしょうが、リーマンショック以降、格付けのもつ意味は変わってしまいましたよね・・・・

ムーディーズ、米国債格下げも=債務問題の議論進展なければ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000017-jij-int
(yahooニュース)

政治が経済に悪影響を与えてしまうケースだと思いますが、実際に米国がデフォルトに陥るって、あるんですかね・・・・

さすがに野党もそうならないように動くと思うのですが、どうなんでしょう。

一方の日本の政治も、不信任案は否決されたものの、総理が辞める辞めない、いつ辞めるの話はいろいろ食い違いがあるようで、まだ問題は解決していませんよね・・・

日米中、どこも政治に問題をかかえていますが、日本の政治が一番グダグダに見えるのが残念です。

[ 2011/06/03 08:46 ] 経済ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。