国際会計基準の強制適用は先送りとのこと マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 国際会計基準の強制適用は先送りとのことホーム > ニュース > 国際会計基準の強制適用は先送りとのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

国際会計基準の強制適用は先送りとのこと

国際会計基準(IFRS)の強制適用の見送り、震災の影響により、とのことですけども、元々延期を求める声が産業界からはかなり出ていましたからね。
確かに欧州からの投資を呼びこむという名目はわかるんですけども、実態として企業に魅力があれば、そこは投資家はどうであれ投資するものだと思います。
もちろんあまりにいい加減な財務諸表では困りますけども、日本の会計基準もそこまでヒドイわけではないですしね。

やはり欧州で資金調達を行いたい大企業、というように対象を限定する必要があると思っています。

日本の市場に上場している全企業というのはやはり無理があるでしょう。

国ごとにカルチャーも違うわけですから、全部BS、PLに反映させなくても、ある程度開示で対応することにより隠れ債務の存在を表に出せばいいわけですからね。

短期間での適用は日本企業に余計なコストを生みますから、この時期にそれをやらなくても・・・というのは妥当な判断だと思います。

変な外圧に屈することなく、必要だと思うタイミングで必要だと思う対象にだけ限定し、行えばいいプロジェクトとして扱うべきでしょう。

<国際会計基準>強制適用先送り 震災対応を優先
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110621-00000109-mai-bus_all
(yahooニュース)
[ 2011/06/22 01:25 ] ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。