中部電株主総会にて、社長コメント浜岡原発早期再開目指す マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 中部電株主総会にて、社長コメント浜岡原発早期再開目指すホーム > ニュース > 中部電株主総会にて、社長コメント浜岡原発早期再開目指す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

中部電株主総会にて、社長コメント浜岡原発早期再開目指す

中部電力の定時株主総会にて、水野明久社長が「今後、防波壁の設置や、より防水性の高い扉への構造変更など、津波へのさらなる対策を速やかに実施し、早期運転再開を目指す」とコメント。
やはり現状の発電設備の状況では、まだまだ原子力に頼らざるを得ない面があるようですから、安全対策を追加しながら稼動させるということなのでしょう。

水野社長、浜岡原発「早期再開目指す」=中部電株主総会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110628-00000044-jij-bus_all
(yahooニュース)

理念としての原発反対運動が盛り上がっていますが、日本の製造業が競争力をなくし、国内の仕事が減っていく、また現状利益をあげ、法人税を払っている会社の業績が厳しくなる、あるいは海外に移転する・・・

マイナス面にふれないで、原発をなくすメリットだけを強調するのはどうかと思います。

参加している熱心な若い人を見ると、就職もなくなり、税金もが上がり・・・ということを望んでいるんですか?と聞きたくなります。
月の電気料金が1000円上がる、というだけなら受け入れられる人も多いと思いますが、そういうシンプルな問題じゃないですよね。

今後エネルギーの安定確保をどうするんですかと。

狭い情報だけで感情的に判断しないで、いろんな面を考えてもらいたいんですよね、特に若い人には。

原発を許容する発言をすると、それだけで原発の危険性をわかっていない、政府・マスコミにだまされているみたいに言われてしまう状況は問題だと思います・・・
[ 2011/06/28 14:24 ] ニュース | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。