為替介入に異例の「防衛ライン」 マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 為替介入に異例の「防衛ライン」ホーム > FX関連 > 為替介入に異例の「防衛ライン」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

為替介入に異例の「防衛ライン」

ドル円、75円台から79円まで一気に戻りましたね。単独の介入とのことです。
「納得いくまで介入する」安住淳財務相のコメント、すごいですね・・・

前回の介入は1週間しか効果がもちませんでしたが、今回はどうでしょう。
もうすでに介入額は過去最高だった前回の約4兆5千億円を上回った可能性が高いといわれています。

今後も本当に継続的に介入できるのかどうか、していいものなのか。

グローバルで動いているお金の流れを、一国の介入で止められるものなのか。

協調介入ならわかりますけど、単独では辛いと思います。

税金の無駄遣いに終わらないといいのですが・・・

政府・日銀、円高攻防 介入に異例の「防衛ライン」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111031-00000606-san-bus_all
(産経新聞 yahooニュースより)
政府・日銀は31日、日本経済を直撃した急激な円高を食い止めようと、外国為替市場で単独の為替介入を実施し、円売りドル買いの攻防を続けた。介入で円相場は、31日朝にオセアニア市場で付けた戦後最高値の1ドル=75円32銭から4円近く戻し、東京市場では79円20銭前後で数時間にわたって膠(こう)着(ちゃく)。「一定の水準を設定して介入する新手法がとられた」(市場関係者)が、海外勢が取引に入る夕方には再び78円台前半まで上昇し、介入効果は大きく後退した。(以降省略)
[ 2011/10/31 23:30 ] FX関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。