大引け概況(4月22日) マネー日々更新

株式市場、為替市場、経済のニュースにコメントしていきます。 タイトルどうり日々更新するよう頑張ります。

ホーム > スポンサー広告 > 大引け概況(4月22日)ホーム > 株式関連 > 大引け概況(4月22日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

大引け概況(4月22日)

最近本業が忙しくて、時間がなく、久しぶりのブログ更新です。
マーケットウォッチはしていたんですけどもね・・・

さて今日は米国市場が反発したので期待しましたが、ボチボチでしたね。

私の保有株は下げた株のほうが多い、微妙な一日でした。

3月末をピークに4月以降暴落じゃなくて良かったと思うべきなんでしょうか。

さてもう少しでゴールデンウィークに入りますね。

私は7、8年前に、ゴールデンウィーク中に、保有株が大打撃を受けたことがあるので、それ以降ゴールデンウィーク期間はポジションを縮小しています。

やはり連休は怖いですよね・・・

怖いですよね・・・

3月決算の結果が出てくるのはまだまだこれからですが、業種ごとに為替や世界的不景気の影響が異なるでしょうから、心配もありますが期待もあります。

大引け概況(4月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090422-00000145-scn-brf
■日経平均:8727.30円(△15.97円)
■TOPIX:829.96(▼0.76)
■売買高概算:25.9451億株
■値上がり銘柄数:494
■値下がり銘柄数:1103
■日経JQ平均:1033.11(▼0.99)
■マザーズ指数:321.84 (▼0.84)
■ヘラクレス指数:493.17(▼4.54)

 今日の東京株式市場は反発して始まった。昨日の米国株式市場が、ガイトナー米財務長官の議会証言での「大部分の銀行は必要以上の資本を備えている」との発言を受けて反発したこと、外為市場で円相場が落ち着いた動きとなっていることなどを背景に、東京株式市場では買い先行となった。ただ、ストレステストの結果を見極めるまでは安心できないとする向きも多く、これから本格化する日本企業の決算発表に対する警戒感も強く、買いの勢いは強くなかった。日経平均は66円高で始まったが積極的に上値を買う材料に乏しく、次第に伸び悩み、前場引け前にマイナスに転じた。

 後場に入って日経平均は小幅安水準で推移していたが下値を売る動きはなく、その後プラスに転じた。しかし上値を買う動きもなく、その後は前日終値近辺での動きとなった。東芝が大幅高となるなど、個別物色の色彩の強い一日となった。

 JASDAQ、マザーズ、ヘラクレスは買い先行で始まったが、寄り後の買い一巡後は伸び悩み、3市場ともマイナスに転じた。後場は日経JASDAQ平均とマザーズが下げ幅を縮めた。
[ 2009/04/22 18:57 ] 株式関連 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。